不動産担保ローン 公式サイト 生徒会の五彩、碧陽学園生徒会議事録【5巻感想】:ライトノベルと感想つぶやき

ライトノベルと感想つぶやき > スポンサー広告 > 生徒会の五彩、碧陽学園生徒会議事録【5巻感想】

ライトノベルと感想つぶやき > 生徒会の一存 > 生徒会の五彩、碧陽学園生徒会議事録【5巻感想】

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生徒会の一存

生徒会の五彩、碧陽学園生徒会議事録【5巻感想】

生徒会の五彩
です。



1回目の購読です。


さてさて、
5巻です~。

この巻で、『企業』に関しての裏設定みたいなのが、
一旦完了のようです。




ではでは、早速。


リリシア妹。

in 生徒会室。
「エリスは、にーさま、すきっ」
「?ああ、うん、そうだよね。ありがとう」
「ちがうのっ!すきなのっ!えと・・・えと、あいちてるの!」


おいしゃさんごっこ。ぱーと1
「えっと、じゃあ、エリスがおいしゃさん!」
「あ、ああ、そうなんだ。そうだよね。それが、健全でいいよね、うん」
「うん?にーさま、おいしゃさんやりたい?」
「や、殺されかねないからやめておく。じゃあ、俺は患者さんを・・・」
「ううん。にーさまは、べつのやくわり」
「別?看護師さんとかかな?」
「ううん。にーさまは・・・『さいしんいりょうききを、うりこみに、えいぎょうにきたけれど、いいはのうがもらえず、ついにわいろにはしる、えいぎょうマン』だよ!」
「すげぇリアルな設定だねっ!」
「ねーさまと、よくやるの!」
「リリシアさん・・・どんな教育してんだよ、妹に・・・」
俺が嘆息していると、エリスちゃんは、あくどい顔になって俺の頬をぺしぺしと叩いてきた。
「ちみちみ・・・ほら、わたすものが、あるんじゃないかね」
「やめよう!この設定、やめよう!絶対教育に悪いって!」


おいしゃさんごっこ。ぱーと2
「俺は、普通の患者でいいよ。・・・こほん。お美しい女医さん、俺が健康か、診てください」
「ガンです」
「そうですか。・・・・・・。・・・って、ええっ!?」
「もう、ておくれです」
「え、いきなり本人にそこまで告知すんの?」
「われわれも、さいぜんをつくしたのですが・・・」
「聴診器当てただけですけどっ!」
「えと・・・エボラなんとかねつとか、ペストとか、てんねんとうとか、そのほかもろもろあらゆる、かんせんびょうを、へいはつなさってます」
「歩くバイオハザードじゃん、俺!」
「ざんねんです」
「残念すぎますよ!せ、先生!どうにかしてください!」
「・・・・・・できないこともないです」
「え?そうなんですか!?」

「ほら、たすかりたかったら、わたしに、わたすものがあるんじゃないかね」

「結局金かーーーーーー!って、この遊び駄目ーーー!」


しりとり。
「えっと、エリスちゃん!しりとりでもしようか!」
「うん、いいよ。エリス、つよいよー!」
「じゃあ、しりとりの、『り』から。『リス』」
「す・・・す・・・『すいさんかあるみにうむ』」
「え!?よ、よく知ってるね、そんなの。あ、えと・・・じゃあ、『虫』」
「し・・・し・・・『しょうさんあるみにうむ』」
「!?む・・・む・・・『鞭』」
「ち・・・。・・・『ちっかあるみにうむ』」
「!?え、いや、あの・・・。・・・く・・・。む、『無理』!」
「り・・・り・・・『りゅうさんあるみにうむ』」
「『ムース』!」
「・・・す・・・す・・・『すいそかあるみにうむ』」

「アルミニウムーーーーー!」


ある意味、すごいお子様です。




はい、お次は生徒会の事務の様子。

鍵と深夏。
「・・・あ、もしもし。杉崎ですけど。はい、はい」
「・・・あ、いえ、そうじゃなくて。・・・はい。・・・いえ、ですから、その杉崎です。杉崎、鍵」
「ん?」
「ですから、そうじゃなくて。・・・・・・す・ぎ・さ・き!す・ぎ・さ・き!」
「相手、耳遠いのか?」

「・・・いや、だから、天草四郎時貞じゃなくてですね」

「どういう間違い方されてんの!?」
「杉崎です、杉崎!ああ、はい、そうです・・・。はい。・・・あ、いや、違います。杉花粉の杉に、長崎の崎です。はい」
「いつまで名前説明してんだよ・・・」

「いえ、ですから、絶滅の滅とかは関係なくてですね」

「だkら、どういう間違い方されてんだよっ!?」
「はい・・・あ、そうですそうです!」
「お、ようやく伝わったか」

「そう、ブラピ似の、杉崎です」

「おい、待てこら」
「思い出していただけましたか。ああ、良かったです」
「絶対違う人想像してるぜ、相手!まだ誤解とけてないって!」
「ところで、例の件なのですが・・・はい・・・はい・・・」
「やっと本題に入ったか・・・」

「あ、いや、十二年前のあの事件の話は一旦置いておいて貰ってですね」

「!?」
「そうです、学園祭の方の・・・はい」
「え、なんだよその意味ありげな伏線」
「そうなんですよ・・・はい。ははっ、またまた、ご冗談を」
「あたし『またまた、ご冗談を』って実際に言うヤツはじめて見たよ」
「・・・マジですか」
「冗談じゃなかったのか!?」


電話の話の内容がきになるー。






さてさて、
ストーリーは相変わらずですが、裏の方でなにやら動いてたものが、
最後に一段落します。

ノリも衰えること知らずで、この調子で次巻もお願いしま~す♪

アニメ、コミックともに期待しておりやすよ!



では、また次巻の感想で。


★☆カムカムおすすめセリフ☆★
  
  あやとり byエリス
 「じゃあ、あやとり、やろー!」
「あやとり?ごめん、俺、あんまりやり方わからな―」
「ぐねぐねうねうね・・・じゃじゃーん!『ぱーふぇくとじ○んぐ』」
「すごっ!なにそれ!どうやってんの!?アスキーアートみたいになってるよ!?」
「うにょうにょ・・・じゃじゃーん!『ろ○うじーにょ』」
「リアルで怖っ!え、その曲線とか、どうなってんの!?指、どうなってんの!?」

 ⇒世界に進出できる技です。








☆人気ブログランキング☆  応援よろしくです~(^o^)/

ランキング

関連記事
スポンサーサイト

<<生徒会の三振、碧陽学園生徒会議事録【3巻感想】 ライトノベルと感想つぶやき生徒会の一存SS|第二幕『発明する生徒会』 未完成版>>

<<生徒会の三振、碧陽学園生徒会議事録【3巻感想】 ライトノベルと感想つぶやき生徒会の一存SS|第二幕『発明する生徒会』 未完成版>>

コメント

コメントする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。