不動産担保ローン 公式サイト 俺の妹がこんなに可愛いわけがない【1巻感想】:ライトノベルと感想つぶやき

ライトノベルと感想つぶやき > スポンサー広告 > 俺の妹がこんなに可愛いわけがない【1巻感想】

ライトノベルと感想つぶやき > 俺の妹がこんなに可愛いわけがない > 俺の妹がこんなに可愛いわけがない【1巻感想】

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない

俺の妹がこんなに可愛いわけがない【1巻感想】

俺の妹がこんなに可愛いわけがない
です。



1回目の購読です。



とりあえず、キャラ紹介。


高坂京介、主人公。
近所の高校に通う十七歳。
ごく平凡な男子高校生である。

高坂桐乃、妹。
現在、十四歳。
カリスマアイドルになれるスペックを誇る。


その他はまた今度。



ではでは、早速。


とりあえずはこれかな。

妹のすごいカミングアウトの後。
ぴっろりん。賑やかなタイトル画面が、少女のロリボイスと一緒に俺を出迎える。
『いもーとめーかぁいーえっくす♪ぼりゅーむふぉーっ!―おかえりなさい、おにーちゃんっ。妹とぉ・・・恋しよっ♪』
「俺に何やらせるつもりだてめえ――!?」
キレていい。いま、俺は絶対キレていい。そもそもリビングのテレビじゃなくて、桐乃のパソコンでやるっつー時点で気付こうよ俺!?このクソアマ、どこの世界に妹と一緒に、妹を攻略するゲームをやる兄がいるんだっつうの!?変態か俺は!ああん!?


「ふ―ー、分かった桐乃。おおむね理解した。話し合おう、な?いいか・・・あのな」
『画面を、やさしぃく、くりっくしてねっ♡』
「だからうるせえっての!?いいタイミングで話のコシを折るんじゃねえ!」
ディスプレイに突っ込み入れちゃったよ・・・どんだけ混乱してるんだ俺は。

「・・・ちょっとぉ、しおりちゃんを苛めないでよ」
「おまえも現世に戻ってこい。それは絵だ」
「絵って言うな!」


いや~、設定がよろしいですわ~。
確かに、、実の妹と一緒に妹攻略は、、無理。。



お次は、

桐乃のエロゲれくちゃ~。
俺の名前は、高坂京介。自分でいうのもなんだが、ごく平凡な男子高校生である。
・・・つまらん男だなー。いきなり自分で平凡とか・・・おいおい。

京介「ふぁ~・・・よく寝たなぁ。昨日は遅くまで勉強していたから、仕方ないかぁ」若干台詞が説明的な気もするが、そこはまあ気にしないでおこう。
まあ、要約して説明するとだな。
このゲームの本編は、主人公・京介が自分の部屋で目を覚ますと、なんと妹のしおりが、同じ布団の中で眠っていたというシーンからスタートするわけだ。

京介「うわっ・・・し、しおり・・・?」
がばぁっ。あわてて起き上がる。ぱちぱちとまばたき。
京介「びっくりしたぁ。・・・ったく、しおりのやつ、いつのまに・・・」


ん?妙に反応が薄いなコイツ。
おいおい、もっと身の危険を感じろよ京介。寝ぼけてんのかおまえ―。朝起きたら、妹が一緒に寝てたんだぞ?そこは絶叫して然るべきだろうが?

俺は主人公が取るべき行動を選択することにした。えーと・・・なになに?
すやすや眠るしおりを、俺は・・・
1.ぎゅっと優しく抱き締めてあげた。

「却下だな」
死ぬつもりか?妹の寝込みを抱き締めるとか、狂気の沙汰だろ・・・。

2.起こしてしまわぬよう、そっと布団を抜け出した。
「ふむ・・・」
無難な選択ではある。しかしな、京介?ここできっちりしつけておかないと、おまえ、後々なめられることになるぞ?
俺は三つめの選択肢を、迷いなくクリックした。

3.問答無用で、布団から蹴り出した。
ドゴッ!
京介「おい、勝手に人の布団に入ってくんじゃねーよ!さっさと起きろバカが!」

よし!適切な行動だ。それでこそ兄。ふん、なかなかいいゲームじゃねえか。さてお次は、
「しおりちゃんになんてことすんのよッ!?」
ドゴッ!現実の妹から反撃がきた。


いやいや、このやりとりは絶対ありえない上におもしろいっすわ~。
つか、女子にエロゲのれくちゃーは受けたくねぇ。



さてさて、この作品。

この著者さんの作品は初めてですが。

いや、おもしろかったっすわ。

設定が、ツボを捉えるというか、絶妙っす。

冷え切った兄妹関係に、妹の趣味のカミングアウト。(しかもオタク)

まあね、実際妹居ないんでどうなんかわからんが、、
こういうのもありじゃね?と思う気にはさせてくれますなぁ。

まあ、主人公一人称っていう書き方もマッチしていて、
初めて読む中では高評価な作品でっす!

次の巻でどうなるか、、楽しみだなぁ。


では、また次巻の感想で。


★☆カムカムおすすめセリフ☆★
  
  オタクというイメージを絵にかいた人物
 「拙者、一時に予約していたものでござるが・・・」
「はぁいっ。お名前うかがってもよろしいですかぁ?」
「沙織・バジーナ」

 ⇒がふっ!?
  バジーナって、クワ○ロ!?
  こんな偽名って、使うの!?さすがにそこまでわかんねぇ~。







☆人気ブログランキング☆  応援よろしくです~(^o^)/

ランキング

関連記事
スポンサーサイト

<<れでぃ×ばと!【7巻感想】ライトノベルと感想つぶやき俺の妹がこんなに可愛いわけがない>>

<<れでぃ×ばと!【7巻感想】ライトノベルと感想つぶやき俺の妹がこんなに可愛いわけがない>>

コメント

コメントする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。