不動産担保ローン 公式サイト 灼眼のシャナ【9巻感想】:ライトノベルと感想つぶやき

ライトノベルと感想つぶやき > スポンサー広告 > 灼眼のシャナ【9巻感想】

ライトノベルと感想つぶやき > 灼眼のシャナ > 灼眼のシャナ【9巻感想】

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

灼眼のシャナ

灼眼のシャナ【9巻感想】

トータル2回目の購読です。
灼眼のシャナです。


この巻は、ヴィルヘルミナ中心に物事が進んでいきます。


まずは、千草、アラストール、ヴィルヘルミナによる三者会談。

ヴィルヘルミナが現状への不満を表す一方、
曰く、
「-余事に心乱し、正答への蹈鞴を見苦しく踏んでいるのであります」

平然と受け答えの千草。
「あの子のため-違いますか?」

結局、ヴィルヘルミナの完敗に終わります。
アラストールは、おろおろのみ。(この状況は、まずい)


で、
悠二の父親が初登場です。
”坂井貫太郎”です。

変わった人のようですが、なんかやり手の雰囲気を持っています。


この巻の本編というべき、
ヴィルヘルミナによる、坂井悠二という”ミステス”の破壊という行動が開始されます。

その行動を見るや、シャナ曰く、
「ヴィルヘルミナなんか、大嫌い!!」

ヴィルヘルミナ大ショック!!


それから、マージョリーのとこで自棄酒とかあり。


イベント開始。
悠二&吉田一美のデートです~。(行き先は遊園地)

いいなぁ~。手作り弁当付きですぜ、アニキ!!

シャナはというと、
(悠二の馬鹿、馬鹿馬鹿馬鹿馬鹿)

拗ねております。こっちもかわいー。


なんだかんだで、シャナも遊園地に行くことに。


ここから、バトルバトル。

アクションシーンのわかりやすさは、相変わらず。

バトルの結果、ヴィルヘルミナ敗れる。。


破壊を免れた悠二。
アラストールに新たなる覚悟を問われ、
曰く、
「シャナを守ろう、この僕が」

やーっと、主人公らしいセリフ吐きよったー。
言った後、二人して大笑いですが。


ヴィルヘルミナによる、”零時迷子”の現状の独白。
さらにややこしくなる事態ですな。


ちなみに、個人的にはヴィルヘルミナ嫌いではないですヨ。



★☆カムカムおすすめセリフ☆★
  
  貫太郎が千草の料理を掻きこんで言ったセリフ
 「美味い、やはり千草さんの料理だ」
 ⇒いいですね~。坂井夫婦は理想的な夫婦像ではないでしょうか。幸せそうでホコホコな感じです。まあ、息子はもう死んでますが。(爆)






☆人気ブログランキング☆  応援よろしくです~(^o^)/

関連記事
スポンサーサイト

<<シルバアクセ、おすすめ!|クロムハーツライトノベルと感想つぶやき灼眼のシャナ【8巻感想】>>

<<シルバアクセ、おすすめ!|クロムハーツライトノベルと感想つぶやき灼眼のシャナ【8巻感想】>>

コメント

コメントする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。