不動産担保ローン 公式サイト えむえむっ!【4巻感想】:ライトノベルと感想つぶやき

ライトノベルと感想つぶやき > スポンサー広告 > えむえむっ!【4巻感想】

ライトノベルと感想つぶやき > えむえむっ! > えむえむっ!【4巻感想】

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

えむえむっ!

えむえむっ!【4巻感想】

えむえむっ!です。



一回目の購読です。


さて、新たな登場人物はいないので。

早速いきましょ~。




さてー、このシリーズも4巻目。

相変わらず、主人公は変態ですよぉ。

相変わらずの嵐子の男性恐怖症で、殴られた直後。
「ぐふ・・・ぐふふふふ・・・」
「タロー?」
「ヒョオオオオオオオオオオオオーーーーーーッッッ!」
「ハイヨオッ!ハイハイヨオオッ!ベベロンロオオオオオーーッッ!」
「ヘイYO!オレのドMは宇宙一キモいんだYO!変態業界最前線なんだYO!つーわけでオレはYOUにもっと痛めつけて欲しいんだメーン!だからもっとオレの体にその拳を叩き込んで叩き込んではあはあはあはあはあ――」
「テメェなにラップ調でよがってやがんだキモすぎんだよこのブタラッパーがあああ!」
「ごばるぐっっ!?」


治る気配はなし。



はい、次。

催眠術でドMを押さえ込んだら、、
「な、なんで全裸になるのよ?」
「むしろ逆に訊きますけど、どうして服を着なければならないんですか?」
「ふむ、異常性欲の次は露出癖というわけか」
「も、もう一度よ!今度こそ絶対に――」

再び催眠術。
「ベランダに干してある女性の下着は盗んでもいいという法律ができればいいのに」
「今度は下着収集癖か」

再び催眠術。
「女性は三歳から十歳ぐらいのあいだが一番かわいらしいですよね」
今度はロリータコンプレックスか」

再び催眠術。
「満員電車に乗って幼女のお尻を触りたいです」
「今度は痴漢魔か。微妙にロリータコンプレックスも混ざっているようだが」


結局、男色家に落ち着くんですが。。


で、
ストーリーですが、学園祭での出し物の演劇までにドMを治さないと大変なことになるってことで、
催眠術やらなんやらをやっていくのが大半。

まあ、結局劇の最中にドMに戻ってしまうんですがね。。

後半は、美緒とのやりとりがメイン。

今回は嵐子が全然出てきてないっすねー。
各巻ごとにヒロインが交代なのかな?

まあ、相変わらずの変態的ノリでおもしろいっすわ♪



★☆カムカムおすすめセリフ☆★
  
  太郎の部屋の目覚まし(特殊)
 『朝~、朝だよ~、お姉ちゃんのパンツを食べて学校に行くよ~』
頭を動かし、枕元にある見慣れない目覚まし時計に視線を向ける。
『朝~、朝だよ~、お姉ちゃんのパンツを食べて学校に行くよ~』
『朝~、朝だよ~、お姉ちゃんのパンツを食べて―』
「パンツなんか食べるかああああああああああああああっ!」

 ⇒著者さんはk●yが好きなんでしょうか。
  元ネタが分かる奴はどんくらいいるのか・・・。
 






☆人気ブログランキング☆  応援よろしくです~(^o^)/


ランキング


関連記事
スポンサーサイト

<<操り世界のエトランジェ【2巻感想】ライトノベルと感想つぶやきはぴねす!SS『魔力の行方』|第九話>>

<<操り世界のエトランジェ【2巻感想】ライトノベルと感想つぶやきはぴねす!SS『魔力の行方』|第九話>>

コメント

コメントする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。