不動産担保ローン 公式サイト 乃木坂春香の秘密【7巻感想】:ライトノベルと感想つぶやき

ライトノベルと感想つぶやき > スポンサー広告 > 乃木坂春香の秘密【7巻感想】

ライトノベルと感想つぶやき > 乃木坂春香の秘密 > 乃木坂春香の秘密【7巻感想】

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乃木坂春香の秘密

乃木坂春香の秘密【7巻感想】

乃木坂春香の秘密です。



1回目の購読です。


さて、7巻~で~す。

この巻は、新学期に入ってからの3泊4日の温泉旅行のお話♪




ではでは、早速。

温泉旅行2日目、春香と裕人を二人っきりにするために美夏たちの実技指導。

実技指導中。
「今はこれでも本番でちゃんとキャッチしさえすれば問題ないし。それじゃ続きいこっか。はい、おに~さんはお姉ちゃんの頭に載っかったワサビを払ってあげる!」
「は、ワサビ?」
「そ。今の転倒でお姉ちゃんは顔から軒下に積んであった収穫したてのワサビに突っ込んだの。だからそれを払いつつ『大丈夫か?ワサビが髪飾りみたいになってるぞ』って」
「…大丈夫か?ワサビが髪飾りみたいになってるぞ」
「…すみません」
「よし、おに~さん、ここで決め台詞だよ!お姉ちゃんの目を真っ直ぐに見つめて『―春香、こうなったら俺のワサビを食べてくれ!これが俺の気持ちなんだ!最初は少し辛くて苦いかもしれんが…きっとそれが段々クセになるから!』って!」
「言えるか!」
「え~、何で~?こんなのよくプロポーズとかにある『毎日お前の手料理を食べさせてくれ!』とかいうあれと同じじゃん。ある意味思い出作りのクライマックスみたいな?あ、ちゃんと臨場感をもたせるためにワサビは本物を用意したから。はい♪」
「ほらほらおに~さん、早く~!」
「ここが男の見せ所ですね~」
「―(こくこく)」
「…じ~(期待に満ち溢れた目)」
「……春香、こうなったら俺のワサビを食べてくれ。これが俺の気持ちなんだ。最初は少し辛くて苦いかもしれんが…きっとそれが段々クセになるから(棒読み)」


意味わかんねぇ。
でも、おもしれっ。


次は、温泉地であったイベントの帰り道。

旅館に戻る春香と裕人。
「それじゃあそろそろ戻りましょうか?お日様も傾いてきてしまいましたし」
「ん、ああ。そうだな」
「行きましょうです」
「あー、それでだな春香」
「はい?」
「その、だな、寒いんじゃないか?」
「え?」
「あ、だからだな、寒くないかと思ってな。夕方だしだいぶ気温も下がってきてるわけだし、その、首元とかが…」
「?いえ、イベント会場が温かかったおかげで今は特に寒くは―あっ」
「あ―は、はい。ちょ、ちょっとですが…寒い、です」
「あー、だ、だったら温かくせんとな」
「は、はい…」
「じゃ、じゃあ行くぞ」
そう確認を取ると、俺は自分の首にヤマカガシのように巻きついていたマフラーを半分だけ外して、再び春香の首にそっとかけた。
「あー、ど、どうだ。これで大丈夫だろ」
「はい。とっても…あったかいです」


あつあつです。
リアル二人でマフラーとか見たことないんですがね。



さて、椎菜関連をひとつ。

椎菜が温泉で裕人をかばったあとのやりとり。
「だいじょうぶ、裕人?」
「…ん、ああ…」
「大丈夫だが…何だか…ボンヤリとして…」
「あ、ムリしなくていいよ。ちょっと前まで完全な湯中りだったんだから…」
「…ん、ああ…」
「裕人?」
「…」
「寝ちゃったの?」
「…」
「…先手必殺、だよね…」
そんな小さなつぶやきとともに、
すっ、と。
俺の顔の上に影が落ち、そして右の頬に…何か柔らかいものが触れたような気がした。


いや~っ、椎菜かあいい!
メインヒロインは春香ですが、椎菜にも頑張ってほしいっ!



では、ストーリーですが、
前述の通り、温泉旅行の話。

これまた、この巻だけで4日しか進んでません。

イベントを越すごとに親密になる裕人と春香。
その裏では、椎菜が決意のようなものをし。

次の巻は結構ごたごたしそうな感じです~。
楽しみっ!


では、また次巻の感想で。


★☆カムカムおすすめセリフ☆★
  
  春香と裕人の何気ない会話
 「ところで春香は深海魚で何が好きだ?俺はガウシアとかの光るところがナイスガイだと思うんだが…」
「あ、はい。私はメガマウスです。あの大きなお口がきゅ~とで…」

 ⇒いやいや、カップルの会話じゃないでしょ。






☆人気ブログランキング☆  応援よろしくです~(^o^)/

関連記事
スポンサーサイト

<<シーキューブライトノベルと感想つぶやき乃木坂春香の秘密【6巻感想】>>

<<シーキューブライトノベルと感想つぶやき乃木坂春香の秘密【6巻感想】>>

コメント

コメントする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。