不動産担保ローン 公式サイト 乃木坂春香の秘密【6巻感想】:ライトノベルと感想つぶやき

ライトノベルと感想つぶやき > スポンサー広告 > 乃木坂春香の秘密【6巻感想】

ライトノベルと感想つぶやき > 乃木坂春香の秘密 > 乃木坂春香の秘密【6巻感想】

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乃木坂春香の秘密

乃木坂春香の秘密【6巻感想】

乃木坂春香の秘密です。



1回目の購読です。


さて、6巻~で~す。

この巻は年末~年始にかけてのお話♪




ではでは、早速。

春香の家で、冬コミに出す同人誌を作成中のこと。

遅くなったので、晩御飯をご馳走してもらっている裕人。(※カニづくし)
「あ、裕人さん、口元にカニミソが付いてます」
「お?」
「そこのほっぺたの下のところです。ザリガニさんのおひげみたいになっちゃってますよ」
「あ、だめです、その角度から取ろうとすると広がっちゃいます」
「ぬ?」
「えと…動かないでくださいね」
「はい、きれいになりました♪」
「あ、あー、サンキュな」
「いいえ。どういたしましてです」
「あ、そうです。裕人さん、よろしければはんぶんこもしませんか?」
「え?」
「えと、そちらの毛ガニと私の松葉ガニを、はんぶんこ、です。そうすればお互いに違った味のカニミソが食べられます。一石二鳥ですよ♪」
「おお、いいな」
「あ、毛ガニもおいしいです」
「そうか?松葉ガニも負けずにウマいぞ」


らぶらぶのやりとりやねぇ。
微笑まし過ぎて、にやけてしま~う。



次は、カムカムのお気に入り、椎菜の部分。

クラスでの初詣中にちょっとしたアクシデントで、大事なかんざしを海へ落っことしてしまった椎菜。

んで、裕人が寒い中海の中から探したあと。
「ほら、あったぞ!」
「ゆ、裕人…」
「これで合ってるよな?お祖母ちゃんのかんざし」
「あ…」
「あ、合ってる、合ってるけど…でも裕人、バカだよ。こんなに冷たくなってまで…」
「あ、あー、まあ…」
「でも、でも…ありがとう。裕人の気持ち、嬉しかった…」


んでもって、コレだよ。

「…まずいな。スイッチ…入っちゃったかも」

スイッチオン!!



ストーリーには関係ないけど、
ちょっとおもしろい発言集~♪
引き続きやります~。

初詣後の乃木坂家にて。
「ね、ね、おに~さんおに~さん」
「ん、何だ?」
「おに~さん、ちょっとこのヒモを引っ張ってみない?新年のイベントで、イイコトがあるかもよ?」
「ん、これか?」
「うん、そ。ほら、ぐいっとやっちゃって」
「ん、ああ」
促されるままにヒモを引っ張る。
その先には、
「…あーれー」
くるくると回る葉月さんの姿があった。
「…」
「どう、おに~さん。着物の定番、よいではないかよいではないかごっこ。ちょっとだけシアワセな気分でしょ♪」


良い子のみんなは真似しちゃいけません(めっ!)



では、ストーリーですが、
前述の通り、年末から年始にかけてのお話。

年末年始だけで、1巻使ってますから、
時間的には全然進んでませんねぇ。

まあでも、いろんなイベントがあり~ので、
展開的には動きがあって結構長く感じられます。


でも、カムカム的には椎菜が早くライバル宣言してほしいものです~。

ちなみに、春香絡みのイベントでは、
ラストにちょっと大きなものが…


では、また次巻の感想で。


★☆カムカムおすすめセリフ☆★
  
  美夏の冬休みの宿題
 「さ、わたしはこれから冬休みの宿題やらないと。自由課題のナメコの観察日記がめんどくさいんだよね~」
 ⇒つか、ナメコって一般人が育てられるんかいな?






☆人気ブログランキング☆  応援よろしくです~(^o^)/

関連記事
スポンサーサイト

<<乃木坂春香の秘密【7巻感想】ライトノベルと感想つぶやきマンボウテーブルブラック>>

<<乃木坂春香の秘密【7巻感想】ライトノベルと感想つぶやきマンボウテーブルブラック>>

コメント

コメントする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。