不動産担保ローン 公式サイト ぷいぷい!【7巻感想】:ライトノベルと感想つぶやき

ライトノベルと感想つぶやき > スポンサー広告 > ぷいぷい!【7巻感想】

ライトノベルと感想つぶやき > ぷいぷい! > ぷいぷい!【7巻感想】

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぷいぷい!

ぷいぷい!【7巻感想】

ぷいぷい!です。



1回目の購読です。



シエラが赤点をとって、留年の危機。

シエラパパ&ママを呼んでの三者面談を前に、
アークを見つけるために京都へ行く陣(とアルフ)。


陣を追って京都まできたシエラ。

シエラ対アルフ。
「どっ、どうしてあなたが庶民といっしょに京都旅行してるのよ!食堂の手伝いをしなさいよっ、お母さんが出前して大変そうだったわよ!」
「大きなお世話だよ、あんたなんて何でもメイド任せで家の手伝いなんてしてないくせにっ!それに物見遊山で来たわけじゃないんだからねっ、陣ときたらせっかくあたしといるってのにあんたのことばっか考えてたんだから!」
「わ、わたしのことばっかりって何なのよっ?」
「だからっ!陣は何でもじっくり探すタイプだけど、今回だけはあんたのために早くアークを見つけたかったんだよっ!」
「どうしてアークがわたしのためなのよ?」
「三者面談のためだよ!アークダイモンの心配がもう無くなったって聞けば、逃げまくってるあんたのお父っつぁんが戻ってくるだろうって陣は考えたんだよ!」
「そっ…それなら、そう言えば良かったじゃない。どうして、わたしにだけ内緒だったのよ?」
「アークに近づけば、アークダイモンの襲撃が激しくなるのは当然じゃん。あたしだって無理について来ただけで、陣は連れてくる気じゃなかったんだ」
「それじゃつまり…庶民は、わたしのためにアークを探して、わたしを危険に巻きこまないために電話にも出ず、だまってたってこと?ぜんぶわたしのため?」
「ば…バカ、勘違いするな!別におまえのためじゃない、ソロモンの秘宝は俺の研究テーマだったから探しただけだ、それだけだっ!」
「何よっ、わたしだって性悪庶民なんかに勘違いなんかしてないんだから!ふーんだ!」


ツンデレなやりとりですなぁ。
進歩がない。


さて、本田聡子が正体を見せたあとのやりとり。
「…もしかしなくても、本田さん、今…魔法を使わなかった?」
「ランプの邪神である座堂先輩が驚かれるほどのことでもないと思いますが」
「誰が邪神よっ!」
「…じゃない。えっ…なんでそのことを知ってるのっ?」
「やっぱり邪神なんだな」
「座堂のことを、なんでおまえが知ってるんだ?それも占いでわかったのか?」
「まあそんなところです…。だから新木先輩のことも占ってさしあげるといったんでよ…ククク…。わたしの言うとおりにしていれば、アークダイモンの戦いから逃げられたかもしれませんのに…」
「っていうか、おまえアークダイモンのことまで知ってるのか?魔法も使うし、さすが図書委員だな。図書館じゅうの本を読んでもう何もわからないことはない、って豪語したのは本当だったんだな」
「ちょっと、ここ納得するところなのっ?いくら本を読んだってふつうの女の子が使えるのは、いつもと違うオシャレで彼をハッとさせる恋の魔法ぐらいのものよっ!」
「座堂のツッコミはいつも、手間ひまかけたウィットが効いてるなあ」
「ふつうここで納得しないでしょ!脳みそのかわりに詰まってるヌカミソが腐ってきてるんじゃないの?耳の穴から腐ったヌカミソを引きずり出して、鼻の穴から手をつっこんで、カラッポの頭の中をタワシでゴシゴシ洗ってあげましょうかっ?」
「シ、シエラお嬢様がそのような乱暴な…あ、ありえない…」
「きゃーニコライ!しっかりして!」


新たなグループのやりとりですなぁ。
本田聡子がいい味だしてます。


この巻で、物語も急展開。

アークは見つかるわ、シエラは魔神のレベルあげる必要がなくなるわ、
本田聡子はアークダイモンの正体を打ち明けるわ。

これで、物語は佳境に入っていくようですねぇ。

まあ、今までのノリはそのままだと思うけど。



[●U●]プキュー


では、次巻。



★☆カムカムおすすめセリフ☆★
  
  アルフ式、年号の覚え方
 「天武天皇って!六四五年に大化の改新をした、天智天皇の弟のっ?」
「えーと納豆食べたい平城京だから、七一〇年から奈良時代。奈良時代の前って何?」

 ⇒ほんとは、何とすてきな平城京やったよね?
  これもありだが(笑)







☆人気ブログランキング☆  応援よろしくです~(^o^)/

関連記事
スポンサーサイト

<<れでぃ×ばと!【5巻感想】ライトノベルと感想つぶやきねくろま。【3巻感想】>>

<<れでぃ×ばと!【5巻感想】ライトノベルと感想つぶやきねくろま。【3巻感想】>>

コメント

コメントする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。