不動産担保ローン 公式サイト 風の聖痕(スティグマ)【3巻感想】:ライトノベルと感想つぶやき

ライトノベルと感想つぶやき > スポンサー広告 > 風の聖痕(スティグマ)【3巻感想】

ライトノベルと感想つぶやき > 風の聖痕 > 風の聖痕(スティグマ)【3巻感想】

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風の聖痕

風の聖痕(スティグマ)【3巻感想】

風の聖痕です。



1回目の購読です。


さてさて、感想に行く前に、
登場人物をまず紹介。


石蕗亜由美。
富士山の噴火を抑えるための<生贄>としてつくられた存在。
煉が一目ぼれ。


その他はまた今度。



今回は、和麻の弟、煉が主人公。

あわ~い、初恋の物語。
ですが、もちろん和麻や綾乃も関わっていきますよ。

でも、あくまで最後まで煉が主役ですよ?この巻ではね。



さて、最初はいつもの和麻と綾乃のやりとり。

いつも通り、綾乃の仕事に和麻が付き添って終わった後。
「お腹すいたわ。ごはん食べにいくわよ」
「―またたかる気か、お前は?」
「いいじゃない。どうせ濡れ手に粟で掴んだお金なんだから」
「そりゃ違うだろ。俺の仕事は、言ってみれば保険みたいなもんだ。お前の手に負えない敵が出てきたとき以外に動く必要はない」
「保険なら払い戻しがあるはずでしょ」
「―毎回払い戻しなんぞやってたら、保険屋なんてすぐに潰れちまうぞ」
「あんたは大丈夫よ。ちゃんと儲けでてるんだから」
「まあ、いいがね。メシくらいなら」
「よろしい。じゃ、行きましょ。由香里に美味しいフレンチのお店教えてもらったんだ」
「―フレンチ、ねえ」
「フレンチでもエスニックでも構わんが、この格好で入れるとこなのか?」
「なんでもっとちゃんとした服着てこないのよ!?」
「あほかい」
「なんで拝み屋の仕事で正装してこなきゃならねえんだよ」
「いいじゃない。少しは見栄えがよくなるかもよ?」
「いい?これから仕事の時はネクタイ着用よ。わかった?」
「断る」
「なによケチ!」
「そういう問題か?」


どんどん距離が縮まってる感じかな?
結構、デレが出てきましたねぇ、いい感じいい感じ。
やりとりもだんだん主人公とヒロインって感じに。


お次は、今回の騒動の一員の妖精絡み。

妖精と綾乃、煉がであったときのやりとり。
「あの…兄様、あれって…」
「ああ、お前は幸運にも見たことなかったな。あれはピクシーという、ちんまい身体に悪知恵を満載したタチの悪い生き物だ。関わり合うと、どっかの馬鹿みたいに不幸になるから気をつけるように」
「なによそれはっ!」
『なによそれはっ!』


妖精の印象変わりますなぁ~。


そうそう、煉と亜由美の初々しいやりとりもたくさ~んあったんですが、さすがに初々しい過ぎて恥ずかしいので、そこいらは実際に読んでちょ。


ストーリーは、前述したように”煉”主役。

生贄にされかかっているお姫様を助けにいくという王道。

でも、あの煉くんが一目ぼれとはねぇ。


この巻の詳細はあまり言及しないことにします。
煉と亜由美はどうなったとか、ハッピーエンドだったとか。

気になる方は読んだほうがいいです。

変にカムカムごときが、変な文章で書くよりずっと。。

青い青春時代が思い出されますよぉ。



では、また次巻の感想で。


★☆カムカムおすすめセリフ☆★
  
  敵の屋敷に入ろうとするときの綾乃のセリフ。
 「人には向き不向きってものがあるのよ。炎術師に隠密行動取れっていうのは、太陽に『もうちょっと控え目に光ってくれ』っていうようなもんなの」
 ⇒わかり易い喩え方ですなぁ。









☆人気ブログランキング☆  応援よろしくです~(^o^)/

ランキング


関連記事
スポンサーサイト

<<風の聖痕(スティグマ)【4巻感想】ライトノベルと感想つぶやき風の聖痕(スティグマ)【2巻感想】>>

<<風の聖痕(スティグマ)【4巻感想】ライトノベルと感想つぶやき風の聖痕(スティグマ)【2巻感想】>>

コメント

コメントする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。