不動産担保ローン 公式サイト えむえむっ!【3巻感想】:ライトノベルと感想つぶやき

ライトノベルと感想つぶやき > スポンサー広告 > えむえむっ!【3巻感想】

ライトノベルと感想つぶやき > えむえむっ! > えむえむっ!【3巻感想】

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

えむえむっ!

えむえむっ!【3巻感想】

えむえむっ!です。



一回目の購読です。


さて、新たな登場人物を紹介。


間宮由美。
嵐子の親友で、辰吉の元彼女。
突然、嵐子の元にやってきた。
間宮流マッサージ術の使い手。


その他は、また今度。


さてー、このシリーズも3巻目。

相変わらず、主人公は変態ですよぉ。

美緒のわけのわからん、ドM体質改善処置の後。
「じゃあ…あんたのドMが治ってるか試してみましょう」
「え?試すって…」
「せえーの――うりゃああああっ!」
「ほぎゃあああああああああああ――っ!?」
ブーメランのように旋回しながら吹っ飛ぶ俺の体。机や椅子をメチャクチャになぎ倒しながら床に激突する。手足を不自然に折り曲げた変な体勢で倒れる俺の目の前には――
優しい光に満ちた変態ワールドが広がっていた。
「はあ、はあ、はあ―はあはあはアハハハ、あはああああああああんっ!」
「あはんっ!あはあああああああんっ!ヘイベイベー!こりゃあ気持ちいいぜオウイエスッ!美緒様のキックは極上の味なのダダダッ!はあ、はあ、はあ、も、もも、もうタロウマグナムは我慢できないでちゅうううう―――っっっ!だ、だだだ、だからのこの悲劇的な変態生物に美緒様の神的な蹴りをもっともっともっと――」
「毎度毎度ほんっとキモいなこのブタ野郎はあああああ――っっ!」
「えいどりああああアアアアああああん――っ!」


変態にさらなる磨きがかかっています。



はい、次。

嵐子の男性恐怖症を治すカリキュラムのひとつで、太郎が女装。
「な、なんでこったい…」
女装した姿を見られることにドMな快感を覚える―そんなのがクセになってしまったら、俺はドMなだけではなく女装癖という属性まで獲得してしまうことに…ドMで女装趣味…そ、そんなふうに変態性をバージョンアップさせていったら、いずれ俺はすべての変態要素を内包する究極の変態神となってしまうのでは…やがて俺は地球上にいるすべての変態人間を支配する存在へと…変態新世界の神となった俺は変態たちを率いて真人間に宣戦布告…すべての真人間を掃討し、変態による変態のための楽園を創るんだ…はあ、はあ、はあ、はあ…
「い、生き残った真人間は…地下の強制変態収容所で変態人間に洗脳…」


太郎、壊れすぎ。。


で、
ストーリーですが、メインは嵐子で進んでいきます。

嵐子の親友が女子高への転校を薦め、
なんだかんだで第二ボランティア部と勝負に。

また、太郎と嵐子の距離が縮まったかな?

最後にはお約束が待っております。


次巻はこの展開からどうもっていくか楽しみです~。



★☆カムカムおすすめセリフ☆★
  
  嵐子が太郎を踏んづけたときのセリフ。
 「ふぇーんっ!男の子ふんじゃったっ!男の子ふんじゃったよぉおおっ!ふえええええええええんっっ!」
 ⇒こんな対応するのは、嵐子ただ一人。
 






☆人気ブログランキング☆  応援よろしくです~(^o^)/

関連記事
スポンサーサイト

<<渚フォルテッシモ【2巻感想】ライトノベルと感想つぶやきプラウドメン、proudmen。消臭効果おすすめ>>

<<渚フォルテッシモ【2巻感想】ライトノベルと感想つぶやきプラウドメン、proudmen。消臭効果おすすめ>>

コメント

コメントする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。