不動産担保ローン 公式サイト れでぃ×ばと!【4巻感想】:ライトノベルと感想つぶやき

ライトノベルと感想つぶやき > スポンサー広告 > れでぃ×ばと!【4巻感想】

ライトノベルと感想つぶやき > れでぃ×ばと! > れでぃ×ばと!【4巻感想】

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

れでぃ×ばと!

れでぃ×ばと!【4巻感想】

れでぃ×ばと!です。



1回目の購読です。


この巻にして、ようやく腹黒幼馴染である朋美がヒロインらしい行動に出ます。
自分の気持ちを確かめるべくの秋晴とのデートって訳です。


ではでは、早速。

繁華街に出てすぐ。

なんかすごい普通のデートっぽい会話。
「さーってと、まずはどこに行こっか?まだご飯には少し早いよね」
「そうだな、あんまり腹減って無いし。それにどこに何があるかも知らないし、適当にぶらつくか?」
「うん、それで行きましょ。繁華街って言っても渋谷や新宿と比べれば小さいものなんだから、一通り見て回ってもそう時間はかからないはずだしね」
「ふふっ…秋晴、もしかして手を繋いで欲しかったりする?」
「だっ…んな訳ないだろ!ったく、アホなこと言ってんなよ」
「えー、図星なんじゃないの?ほら、こっちから誘ったんだし、腕くらい組んであげてもいいけど?」
「…いやそんなんいいから。歩きにくいし暑苦しいし」


いや~、何だかんだ言ってカムカム的には朋美結構好きですけどね。
こういう普通の会話の気兼ねないデートってのは、あこがれますなぁ。



さて、お次は新キャラ自称秋晴の妻、日野棗の登場。

朋美とセルニアと共に学園案内中の一幕。
「そういえば貴方、一時期桜沢さんと噂になったことがありましたわね!」
「…はぁ?それはお前、」
「そういえばそんなこともありましたね。つまり秋晴くんは桜沢さんのようなキュートで小柄な子が好きということですか」
「えええええぇぇええぇっ!?どゆこと、あっくん!」
「だだだダメなんだよあっくん、ロリコンは犯罪なんだよ!?児童ナントカ法で国家公務員に捕まっちゃうよ!」
「いや落ち着けっ、ああ見えても俺らより年上なんだぞあの人!」
「――それはつまりこれ以上成長する可能性が薄い、ということですね。二十歳過ぎてもあの容姿というなら法律的にも問題なくて、むしろ好都合ということですか?」
「そこの腹黒女、うるせぇ!なんだそのいかがわしい言い回しは!?」
「いかがわしいのは貴方の方でしてよ、日野秋晴。桜沢さんを人の寄らない場所に連れ込んだというネタは、もう割れてますわ」
「だからそうれじゃ性犯罪者みたいだろっ!?無実っ、いや無実以前にどーして俺はこんな非人道的な裁判に掛けられるような立場になってんだよ?!」


朋美とセルニアのタッグは最強かも。
秋晴、ご愁傷様。


で、結局。
この巻では、秋晴と朋美の関係が一歩前進?

次巻からは新学期だそうです。


では、また次巻の感想で。


★☆カムカムおすすめセリフ☆★
  
  天然理事長の校内放送
 「――はいは~い、生徒の呼び出しですよー。高等部一年従育科の日野秋晴さん、日野秋晴さん~。至急事務室の隣にある応接室まで来ちゃって下さい~。…え?もう一回言うの?」
 ⇒なんかこんな放送かかったら、はぁって感じになりそう。






☆人気ブログランキング☆  応援よろしくです~(^o^)/

関連記事
スポンサーサイト

<<ぷいぷい!【6巻感想】ライトノベルと感想つぶやきはぴねす!SS『魔力の行方』|第四話>>

<<ぷいぷい!【6巻感想】ライトノベルと感想つぶやきはぴねす!SS『魔力の行方』|第四話>>

コメント

コメントする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。