不動産担保ローン 公式サイト おあいにくさま二ノ宮くん【1巻感想】:ライトノベルと感想つぶやき

ライトノベルと感想つぶやき > スポンサー広告 > おあいにくさま二ノ宮くん【1巻感想】

ライトノベルと感想つぶやき > ご愁傷さま二ノ宮くん > おあいにくさま二ノ宮くん【1巻感想】

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご愁傷さま二ノ宮くん

おあいにくさま二ノ宮くん【1巻感想】

おあいにくさま二ノ宮くんです。



1回目の購読です。


さて、このおあいにくさまシリーズは、
ご愁傷さま二ノ宮くんシリーズの短編集です。

本編では、いろんなたくらみ等が蠢いていますが、
この短編集は、そーいうものが一切無く、ラブコメ一色になっておりやす。

ノリの良い進み方で、短編も良い感じのボリュームでまとめられており、とても読みやすくなっていますね。




さて、中でもおすすめの峻護病気編。

峻護を看護する真由とのやりとり。
再度アイコンタクトを試みた。―とにかく、君の仕事は素晴らしかったし、おかげで思ったよりは早く治りそうだ。大丈夫、心配ない。落ち着いて看病を続けて欲しい。
真剣な顔で見つめてくる真由。患者の言わんとするところを一生懸命に読み取ろうとしているようだったが―やがて彼女なりの解釈が出たらしく、大きくうなずいた。
「わかりました、つまりこういうことですね。わたし一人の力で治してみせろ、と」
「……」
大筋では間違っていないはずなのだが―なにかこう、決定的にズレている気もする。
「だいじょうぶです、まかせてください。あらゆる手を尽くして二ノ宮くんを快復させてみせます。だいじょうぶ、こんな時のために兄さんと涼子さんから看病の奥義を教わっておいたんです。さっそく用意してきますね」


美少女でサキュバスに看病。
落ち着けないと思うがなぁ~。
さらに、この思い込みの激しさ。やりとりがすっげー面白いっす。


で、お次はまたまた真由。

峻護と蔵に閉じ込められたときのやりとり。
「あ、あわ、あわ、くも、くくく、くも、」
「月村さん、気持ちはわかるけど落ち着いて」
「で、でもっ、くっ、くくくくもっ、くもなんですっ。くもなんですよっ」
「大丈夫だって。ほら、よくよく見れば案外可愛らしい形態をしているし、ペットにしてる愛好家だっているわけだし、それに知ってた?クモって実は昆虫じゃないんだ、そう考えれば恐怖心も少しは薄れ―ええいくそ、やっぱだめかっ」
「やっ、やだやだやだやだやだ、にっ、にの、くも、二ノ宮く、くも、くもが、くも宮くんがぁッ…!」


いや~、かあいいっすね相変わらず。
やっぱり、クモって女の子は苦手なんでしょうかね?
カムカムも得意ではないけど、害虫食ってくれるからほっといてますけどね。


いや~、本編のあとに短編集読むとどの作品もそうですが、
心が和みますねぇ。

本編があまりにもシリアスだとギャップが激しいけど。

この二ノ宮くんシリーズは本編と短編といい感じでバランスが取れてるように思いますね。



では、また次巻の感想で。


★☆カムカムおすすめセリフ☆★
  
  看病中、峻護の身体を真由が拭いている場面
 「さ、次は下半身です」
いけない、それだけはまかりならない。ご機嫌なダンスパーティーを開いている一人息子と彼女を引き合わせるわけにはいかない。もしあの手つきでまさぐられたら?決まっている。ビック・バンだ。

 ⇒峻護のピンチがひしひしと伝わってくる、内面のセリフでした。





☆人気ブログランキング☆  応援よろしくです~(^o^)/

関連記事
スポンサーサイト

<<はぴねす!SS『魔力の行方』|第四話ライトノベルと感想つぶやきスカニア「タミヤ」製作、組み立て日記【その4】>>

<<はぴねす!SS『魔力の行方』|第四話ライトノベルと感想つぶやきスカニア「タミヤ」製作、組み立て日記【その4】>>

コメント

コメントする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。