不動産担保ローン 公式サイト ねくろま。【1巻感想】:ライトノベルと感想つぶやき

ライトノベルと感想つぶやき > スポンサー広告 > ねくろま。【1巻感想】

ライトノベルと感想つぶやき > ねくろま。 > ねくろま。【1巻感想】

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ねくろま。

ねくろま。【1巻感想】

ねくろま。です。



1回目の購読です。


さてさて、感想に行く前に、
主人公とヒロインをまず紹介。


ソリス・アレクサンドロ、主人公。
精霊魔法科主席で容姿にも優れた、天才と言われる。
意外な弱点もある。

マシロ・アナスタシア。
ソリスの3つ上の幼馴染。
5年前に他界。


その他はまた今度。


題名の”ねくろま”ですが、
これは、ネクロマンサーの略です。

しっかし!
主人公は、精霊魔道士。
元々は、死霊術の家系に生まれながらも、
ある事件をきっかけに死霊術を捨てたんですね。

なのに、題名は”ねくろま”。
この先、ソリスが死霊術を使うことになるのか?

先が楽しみな作品。

また、いいキャラがたくさん出てきて、
飽きさせません。


こんなやりとり。

とある放課後。
「おおっと、いたんですかキャロル先パイ!ゾンビ娘だなんて、いやー、そんな風に言っていただけるなんて光栄ですっ!」
「ぜんっぜんっ、褒めてませんわっ!」
「ええっ!?ゾンビが褒め言葉じゃなかったら何なんですか!?ゾンビは素晴らしいものですよ!まず第一に、いついかなるときでも穏やかな物腰!」
「筋肉が腐っていて動きが鈍いだけです!」
「どんなことにも動じない鋼の精神!」
「脳が腐っているから動揺するような知能自体がないのです!」
「匂い立つようなかぐわしい色香!」
「腐敗臭ですわそれはっ!」


ソリスのクラスメイト、キャロルと死霊術科のメイ。
いいキャラでしょ。


さらに。

死霊術科校舎を訪れたソリスとのやりとり。
「メ、メイちゃん・・・!せんぱいになんて失礼な・・・すみませんすみませんせんぱい、私がついていながらメイちゃんがとんでもないことをして全ては私の責任なんです私が何もかも悪いんです私がボンクラだから悪いんです私が生きているのがいけないんです
!こうなったら死んでお詫びを!」



死霊術科のヒカリ・ヒストリカ。
死にたがりッぷり全開。


ストーリーの方は、
なぜかマシロがスケルトンとして復活してくるというのから始まり、
ソリスが人間に戻そうと奮闘。
結局、1巻では死霊術を使うこともなしで終わってしまいました。


次巻はどうなるのやら。


では、また次巻の感想で。


★☆カムカムおすすめセリフ☆★
  
  見た目幼女で、中身アダルトな生徒会長のセリフ
 「ふふん、流石だなソリス・アレクサンドロ。もし聞いていなかったら罰としてこの場で私のパンツを使って自慰行為をさせようと思っていたのに、実に残念だよ」
 ⇒こいつのキャラもおもしろい。キャラ設定に凝ってるなぁ。






☆人気ブログランキング☆  応援よろしくです~(^o^)/

関連記事
スポンサーサイト

<<ケータイ少女ライトノベルと感想つぶやきねくろま。>>

<<ケータイ少女ライトノベルと感想つぶやきねくろま。>>

コメント

コメントする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。