不動産担保ローン 公式サイト 神曲奏界ポリフォニカ:ライトノベルと感想つぶやき

ライトノベルと感想つぶやき > 神曲奏界ポリフォニカ

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神曲奏界ポリフォニカ

神曲奏界ポリフォニカ

神曲奏界ポリフォニカです。

榊一郎さん著、イラスト神無月昇さんです。

ライトノベルとしては、最近出来たレーベルのGA文庫から発売されています。
この作品は、元々キネティックノベルというゲームのようなソフトで、ダウンロード販売されているものが起源です。
現状では、ダウンロード販売だけでなく、CD-ROM化されて販売されいますね。それの続編も今春に発売される予定です。

で、
文庫版のポリフォニカは、キネティックノベルが主人公の学生時代に対し、主人公の成人時代となっています。(キネティックノベルの時代から何年後かが舞台です)

ちなみに私は、文庫版が出る以前にキネティックノベル版をダウンロード販売で購入し読んでいました。
文庫版をいきなり読んでも楽しめると思いますが、やっぱり学生時代版であるキネティックノベル版を読まれることをおすすめします。

で、
この作品のメインヒロインである精霊のコーティカルテですが、
日常の生活では少女の形態をとっています。
また、この少女の性格が、、シャナやらルイズやらを想像させます。
まあ、いわゆるツンデレというやつかなぁ。

主人公の方はというと、線の細い青年ですね。
アニメのガンダムSEEDの主人公キラっぽいです。(知ってるかな?)

世界観については、ここでは言及しませんが、
著者である榊一郎さんは、他にもいろいろなノベルを現在進行形で書いており、経験というか何というかすごくしっかりした世界観を構築されています。

今春にはアニメ化もされますが、
これから注目されていく作品ではないでしょうか。

内容については、また今度。

☆人気ブログランキング☆  応援よろしくです~(^o^)/



スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。