不動産担保ローン 公式サイト 乃木坂春香の秘密:ライトノベルと感想つぶやき

ライトノベルと感想つぶやき > 乃木坂春香の秘密

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乃木坂春香の秘密

乃木坂春香の秘密【9巻感想】

乃木坂春香の秘密です。



1回目の購読です。



季節はバレンタインデーあたりっす。



まずは、続きのキャラ紹介。

姫宮みらん。
『Chocolate Rockers』のボーカル。
唯我独尊キャラ。




ではでは、早速。

人数合わせという、オーディションに出場な春香の研修。

発声練習。
「それじゃ準備はいい?はい、にゃ~♪」
「にゃ、にゃ~」
「うん、いい感じね。きれいに響いてる。はい、それじゃそのままの状態でドレミファソファミレドって出してみてくれる?」
「にゃ、にゃ~にゃ~にゃ~にゃ~にゃ~にゃ~にゃ~にゃ~にゃ~♪」
「はい。次はドミファソラソファミ」
「にゃ、にゃ~にゃ~にゃ~にゃ~にゃ~にゃ~にゃ~にゃ~にゃ~♪」

目の前でひたすらにゃ~にゃ~と歌う春香の姿。
「・・・」
なんかシュールだ・・・


本当にこういうレッスン方法があるらしい。



次は、前にちょっと出てきてて、
この巻から正式?に出始めた、みらん。

マネージャー的な役割をすることになった、裕人。
「ほら、こっちよ綾瀬裕人。ああ、そこの階段、少し急だけど足を踏み外して無様に転げ落ちたりしないでよね。いっしょにいる私が恥ずかしいから」
「その先のエレベーターで下まで降りるわ。ああ、ドアに顔を挟まれたりしたら殺すわよ。仮にも私のマネージャーがそんなみっともないことをするなんてしたら、私の威厳が台無しだから」
「・・・」
相変わらず口が悪いことこの上ないが、それももう慣れたせいかあまり気にならない。まあこう見えていちおうこっちのことを心配してくれてるみたいだしな。
「・・・何よ」
「いや・・・」


毒舌アイドル登場。
こういうキャラも貴重だわ。



では、ストーリーですが、
人数合わせのオーディションに春香が出るというのが、メイン。

まあ、その裏にはいろいろあったりして。

裕人の気持ち的な部分も一段階レベルアップした感じ。


合間に、椎菜イベントもあり~の。
毒舌アイドルみらんに振り回され~の。


つか、
カムカム予想では、みらんもこれから先、裕人絡みで何かありそうな予感が。
大分増殖してます、ツンデレ。
結構気に入ってるキャラです、みらん。
是非とも毎回出してほしいものです。


ちなみに、最後にはまた意味深な終わり方で。
次巻が気になりますよ?


では、また次巻の感想で。


★☆カムカムおすすめセリフ☆★
  
  裕人の特徴セリフ特集
 ―う、や、やばい、かわいすぎるぞ・・・
かわいさに一日の限界摂取量なんてものがあったらほとんど致死量に達しているレベルである。

そういえばもうすぐバレンタインか・・・
一歩間違えるとバンアレン帯(地球磁場に捕えられた、陽子・電子からなる放射線帯)と混同しそうなアレな単語。

ブブブブブ・・・
「・・・ん?」
と、今度は俺の携帯が雨の中の仔ヤギのように震えていた。

 ⇒ちょくちょくとある言い回し。
  結構目に留まるもんだねぇ。
  ちなみに、かわいさの摂取致死量ってどんなくらいだ?






☆人気ブログランキング☆  応援よろしくです~(^o^)/

スポンサーサイト

乃木坂春香の秘密

乃木坂春香の秘密【7巻感想】

乃木坂春香の秘密です。



1回目の購読です。


さて、7巻~で~す。

この巻は、新学期に入ってからの3泊4日の温泉旅行のお話♪




ではでは、早速。

温泉旅行2日目、春香と裕人を二人っきりにするために美夏たちの実技指導。

実技指導中。
「今はこれでも本番でちゃんとキャッチしさえすれば問題ないし。それじゃ続きいこっか。はい、おに~さんはお姉ちゃんの頭に載っかったワサビを払ってあげる!」
「は、ワサビ?」
「そ。今の転倒でお姉ちゃんは顔から軒下に積んであった収穫したてのワサビに突っ込んだの。だからそれを払いつつ『大丈夫か?ワサビが髪飾りみたいになってるぞ』って」
「…大丈夫か?ワサビが髪飾りみたいになってるぞ」
「…すみません」
「よし、おに~さん、ここで決め台詞だよ!お姉ちゃんの目を真っ直ぐに見つめて『―春香、こうなったら俺のワサビを食べてくれ!これが俺の気持ちなんだ!最初は少し辛くて苦いかもしれんが…きっとそれが段々クセになるから!』って!」
「言えるか!」
「え~、何で~?こんなのよくプロポーズとかにある『毎日お前の手料理を食べさせてくれ!』とかいうあれと同じじゃん。ある意味思い出作りのクライマックスみたいな?あ、ちゃんと臨場感をもたせるためにワサビは本物を用意したから。はい♪」
「ほらほらおに~さん、早く~!」
「ここが男の見せ所ですね~」
「―(こくこく)」
「…じ~(期待に満ち溢れた目)」
「……春香、こうなったら俺のワサビを食べてくれ。これが俺の気持ちなんだ。最初は少し辛くて苦いかもしれんが…きっとそれが段々クセになるから(棒読み)」


意味わかんねぇ。
でも、おもしれっ。


次は、温泉地であったイベントの帰り道。

旅館に戻る春香と裕人。
「それじゃあそろそろ戻りましょうか?お日様も傾いてきてしまいましたし」
「ん、ああ。そうだな」
「行きましょうです」
「あー、それでだな春香」
「はい?」
「その、だな、寒いんじゃないか?」
「え?」
「あ、だからだな、寒くないかと思ってな。夕方だしだいぶ気温も下がってきてるわけだし、その、首元とかが…」
「?いえ、イベント会場が温かかったおかげで今は特に寒くは―あっ」
「あ―は、はい。ちょ、ちょっとですが…寒い、です」
「あー、だ、だったら温かくせんとな」
「は、はい…」
「じゃ、じゃあ行くぞ」
そう確認を取ると、俺は自分の首にヤマカガシのように巻きついていたマフラーを半分だけ外して、再び春香の首にそっとかけた。
「あー、ど、どうだ。これで大丈夫だろ」
「はい。とっても…あったかいです」


あつあつです。
リアル二人でマフラーとか見たことないんですがね。



さて、椎菜関連をひとつ。

椎菜が温泉で裕人をかばったあとのやりとり。
「だいじょうぶ、裕人?」
「…ん、ああ…」
「大丈夫だが…何だか…ボンヤリとして…」
「あ、ムリしなくていいよ。ちょっと前まで完全な湯中りだったんだから…」
「…ん、ああ…」
「裕人?」
「…」
「寝ちゃったの?」
「…」
「…先手必殺、だよね…」
そんな小さなつぶやきとともに、
すっ、と。
俺の顔の上に影が落ち、そして右の頬に…何か柔らかいものが触れたような気がした。


いや~っ、椎菜かあいい!
メインヒロインは春香ですが、椎菜にも頑張ってほしいっ!



では、ストーリーですが、
前述の通り、温泉旅行の話。

これまた、この巻だけで4日しか進んでません。

イベントを越すごとに親密になる裕人と春香。
その裏では、椎菜が決意のようなものをし。

次の巻は結構ごたごたしそうな感じです~。
楽しみっ!


では、また次巻の感想で。


★☆カムカムおすすめセリフ☆★
  
  春香と裕人の何気ない会話
 「ところで春香は深海魚で何が好きだ?俺はガウシアとかの光るところがナイスガイだと思うんだが…」
「あ、はい。私はメガマウスです。あの大きなお口がきゅ~とで…」

 ⇒いやいや、カップルの会話じゃないでしょ。






☆人気ブログランキング☆  応援よろしくです~(^o^)/

乃木坂春香の秘密

乃木坂春香の秘密【6巻感想】

乃木坂春香の秘密です。



1回目の購読です。


さて、6巻~で~す。

この巻は年末~年始にかけてのお話♪




ではでは、早速。

春香の家で、冬コミに出す同人誌を作成中のこと。

遅くなったので、晩御飯をご馳走してもらっている裕人。(※カニづくし)
「あ、裕人さん、口元にカニミソが付いてます」
「お?」
「そこのほっぺたの下のところです。ザリガニさんのおひげみたいになっちゃってますよ」
「あ、だめです、その角度から取ろうとすると広がっちゃいます」
「ぬ?」
「えと…動かないでくださいね」
「はい、きれいになりました♪」
「あ、あー、サンキュな」
「いいえ。どういたしましてです」
「あ、そうです。裕人さん、よろしければはんぶんこもしませんか?」
「え?」
「えと、そちらの毛ガニと私の松葉ガニを、はんぶんこ、です。そうすればお互いに違った味のカニミソが食べられます。一石二鳥ですよ♪」
「おお、いいな」
「あ、毛ガニもおいしいです」
「そうか?松葉ガニも負けずにウマいぞ」


らぶらぶのやりとりやねぇ。
微笑まし過ぎて、にやけてしま~う。



次は、カムカムのお気に入り、椎菜の部分。

クラスでの初詣中にちょっとしたアクシデントで、大事なかんざしを海へ落っことしてしまった椎菜。

んで、裕人が寒い中海の中から探したあと。
「ほら、あったぞ!」
「ゆ、裕人…」
「これで合ってるよな?お祖母ちゃんのかんざし」
「あ…」
「あ、合ってる、合ってるけど…でも裕人、バカだよ。こんなに冷たくなってまで…」
「あ、あー、まあ…」
「でも、でも…ありがとう。裕人の気持ち、嬉しかった…」


んでもって、コレだよ。

「…まずいな。スイッチ…入っちゃったかも」

スイッチオン!!



ストーリーには関係ないけど、
ちょっとおもしろい発言集~♪
引き続きやります~。

初詣後の乃木坂家にて。
「ね、ね、おに~さんおに~さん」
「ん、何だ?」
「おに~さん、ちょっとこのヒモを引っ張ってみない?新年のイベントで、イイコトがあるかもよ?」
「ん、これか?」
「うん、そ。ほら、ぐいっとやっちゃって」
「ん、ああ」
促されるままにヒモを引っ張る。
その先には、
「…あーれー」
くるくると回る葉月さんの姿があった。
「…」
「どう、おに~さん。着物の定番、よいではないかよいではないかごっこ。ちょっとだけシアワセな気分でしょ♪」


良い子のみんなは真似しちゃいけません(めっ!)



では、ストーリーですが、
前述の通り、年末から年始にかけてのお話。

年末年始だけで、1巻使ってますから、
時間的には全然進んでませんねぇ。

まあでも、いろんなイベントがあり~ので、
展開的には動きがあって結構長く感じられます。


でも、カムカム的には椎菜が早くライバル宣言してほしいものです~。

ちなみに、春香絡みのイベントでは、
ラストにちょっと大きなものが…


では、また次巻の感想で。


★☆カムカムおすすめセリフ☆★
  
  美夏の冬休みの宿題
 「さ、わたしはこれから冬休みの宿題やらないと。自由課題のナメコの観察日記がめんどくさいんだよね~」
 ⇒つか、ナメコって一般人が育てられるんかいな?






☆人気ブログランキング☆  応援よろしくです~(^o^)/

乃木坂春香の秘密

乃木坂春香の秘密【5巻感想】

乃木坂春香の秘密です。



1回目の購読です。


さて、5巻~で~す。

この巻は、12月から年末が舞台。
メインイベントはやっぱりクリスマス~♪



とりあえず、続きのキャラ紹介。

天王寺冬華、裕人の一こ下の後輩でお嬢様。
『絶対零度の氷姫』の二つ名をもつ。
唯我独尊のツンツンキャラ。


その他はまた今度。



ではでは、早速。

春香がクリスマスプレゼントを買うために、メイド喫茶でアルバイト。

メイド喫茶に春香の様子をこっそり見にいった一行。
カナダの初雪のような純白のヘッドセット。薄い葡萄色のメイド服。ひるがえるヒザ丈のフリル付きスカート。
何と言うかその姿は…めちゃくちゃ可憐で魅力的で俺の中のご主人様魂(?)を刺激するに十二分なものだった。
ほとんど目がくらむほどプリティーであり、キュートであり…
いやもはや自分でも何が言いたいだかさっぱり分からんのだが、とにかくそれだけメイド・イン・春香は天下一品であり見事にマッチングしてるってことであり…


う~む。
カムカムはメイド喫茶なるものに、まだ足を踏み入れたことはないのですが、
実際ど~なんだろねぇ~。

いっぺん行ってみたい気もするが・・・



さて、次はカムカムお気に入りの椎菜の話題。

春香へのクリスマスプレゼント選びに椎菜をつれて(贅沢な!)の裕人とのやりとり。
「じゃあどこ行こっか?」
「そうだな…椎菜はどこか行きたいところとかあるのか?」
「ん、そうだなー、ショップで買い物もいいしCD見るのもいいし…あ、銀菓堂でスイーツと紅茶ってのもありかもー。うーん、どうしよー…」
「だったら、全部回ってみるってのはどうだ?」
「あ、それいいかも」
「だろ?」
「よし決まり!じゃあ行こ行こ!」
「お…」
腕をぐいぐいと引っ張って急かしてくる。
「ん、どうしたの?」
「どうしたのって…」
そうがっちりと腕を組まれると、その、触れてくる柔らかいモノが少しばかり気になるんだが…
「えー、別にこれくらい普通じゃない?前も言ったけど、裕人だったらあたしは気にしないし」「…」

「わあ、見て見て、あそこに展示されてるフライドチキンおいしそう」
「おお」
「ほらあっち!サンタクロースが回し蹴りしてる!」


いいなぁ~。
こういう元気&フレンドリー娘とデートは楽しいだろ~な~。
じゃんじゃんしゃべってくれる方が楽だしね~。(⇒ダメ男)



ストーリーには関係ないけど、
ちょっとおもしろい発言集~♪
前回に引き続きやります~。

ゲームセンターでの裕人と椎菜の会話。
「あ、裕人、これ何?」
「それはワニ叩きゲームだな。出て来るワニを片っ端から叩いていくゲームだ」
「へえ…あれは?」
「ゾンビ撃ちゲームだな。出て来るゾンビを片っ端から撃っていくゲームだ」
「そうなんだー。あっちのは?」
「インベイダーゲームだ。出て来る侵略宇宙人を片っ端から撃退していくゲームだ」
「なんか片っ端から掃討していくのばっかだねー…」


最近のゲーセンはそんなんばっかだね、たしかに。

公園での休憩中に現れたチワワ。
迷い犬だろうか。
何か手がかりになるものはないか見ているとチワワの首輪に何か書かれていることに気付いた。そこには『ペットショップ犬まみれ』との文字があった。


犬しか売ってないんだろうねぇ。



では、ストーリーですが、
クリスマスを前にプレゼントを買うという目的達成までと、
クリスマスイヴ当日のパーティがメインのお話。

イベントを通じて、着々と裕人と春香の距離が縮まってる感じだ~ね。
クリスマス当日詳細は、ニマニマしながらじ~っくり読んでくださいな♪

カムカム的には、もっと椎菜を!って感じだけどっ。



では、また次巻の感想で。


★☆カムカムおすすめセリフ☆★
  
  裕人の部屋の目覚まし時計
 「ホー、ホケキョ♪ホー、ホケキョ♪」
「ん…」
「ホー、ホケキョ♪ホー、ホケキョ♪」
「…」
「ホー、ホケキョ♪ホー、ホケキョ♪ホケキョホケキョホケキョホケキョホケキョホケキョホケキョホケッホケッホケッ…!」
うるせえな…
「ホケキョホケキョホケキョホケキョホケキョホケキョホケキョホケッホケッホケッ…!」
「…」
「ホケキョホケキョホケキョホケキョホケキョホケキョホケキョホホケキョホケキョホケッホケッホケッホケッホケッホケッホケーッ!!(スヌーズ機能)」

 ⇒うるせぇよ。






☆人気ブログランキング☆  応援よろしくです~(^o^)/

乃木坂春香の秘密

乃木坂春香の秘密【4巻感想】

乃木坂春香の秘密です。



1回目の購読です。


さて、4巻~で~す。

この巻は、文化祭の準備から後夜祭までのイベントたっぷり。

1巻まるごと、文化祭~♪


とりあえず、続きのキャラ紹介。

天宮椎菜、転校生。
元気バリバリのポジティブ美少女。
裕人とは何回かニアミスをしており、すでに知り合い。

乃木坂玄冬、春香と美夏の父。
見た目マフィアのボスな父親。
娘のこととなるとすぐ暴走するが、家庭内地位は低い。

乃木坂秋穂、春香と美夏の母。
春香似のぽわぽわ系、童顔の美人奥さん。
乃木坂家での地位は、最強を誇る。


その他はまた今度。



ではでは、早速。

カムカム一押しの新キャラ、椎菜の登場~♪

いつもの?ホームルーム~
「天宮椎菜です。天気の天に宮城県の宮、椎の木の椎に、菜っ葉の菜って書きます。趣味はピアノと薙刀で座右の銘は『先手必殺』。よろしくっ!」

はいはい、ついにご登場ですっ。
フレンドリー&ポジティブ&ショートカットの美少女。

カムカムの好みに訴えかけるものがありますなぁ。


で、その椎菜関連の話題。

中庭でのお弁当タイム。
「ふんふん、なるほど。あのアキハバラの時のおね~さんが転校生で、さらにはおに~さんの知り合いだったわけか~」
「偶然の再会というやつですね~」
「……ドラマティックエンカウンター?」
「…」
「そういうことってほんとにあるんだね~。う~ん、すごい偶然。あ、でもそれって考えてみれば、お姉ちゃんにとってはライバル出現ってことだよね?」
「え、ら、らいばる?」
「違うの?だってそのおね~さん、おに~さんと仲がいいんでしょ?」
「え、そ、それは…」
「というか裕人様、浮気は良くないですよ~」
「……二股はダメです」
「浮気か~、そうだよね~。アキハバラの時もな~んか怪しい雰囲気だったし。お姉ちゃんもうかうかしてられないな~」
「え、えと、あ、あの、その…」
「古代ヨーロッパのとある国では、浮気をした男の人は切断の刑だったそうですよ~」
「……ちょんぎる?」
「……」


美夏&無口メイド(葉月)&にっこりメイド(那波)のやりとりは、
このパターンに落ち着いてるみたい。

みんないいキャラをかもし出しとります。



ストーリーには関係ないけど、
ちょっとおもしろい発言集~♪ってことで。

裕人が泣いている迷子の子供をあやす。
「まいったな…そ、そうだ、今から面白いことするから、見てろよ。―ほ、ほら、いないいないヴァーヴァリアン」
「う、うわぁぁぁぁぁぁぁん!!」
「じゃ、じゃあこれはどうだ、あっち向いてホルスタイン乳牛」


裕人と美夏との文化祭での会話。
「わ~、すごい。おに~さん、あれなに?」
「ん、あれはヤキトリ屋だな。『コカトリスの憂鬱』」
「ね、あっちのあれは?『白アフロの奇跡』とか書いてあるけど」
「あー、あれはワタガシだろ、おそらく」


随所随所にさりげな~く、おもろい部分が~。


では、ストーリーですが、
文化祭の準備&文化祭がメインのお話。

裕人が実行委員になったせいで、春香との時間が減り、
すれ違い、勘違い、などなどが勃発。

シリーズ始まって以来のピンチに陥ります~。


ちょ~っちシリアスな部分もあるけど、ラブコメにはこういうとこもなくちゃね。


で、その中で結構大きな役割を持つ、新キャラ”天宮椎菜”。

いいねぇ~、この娘大好きやわ~。
何といっても、フレンドリーさとポジティブなとこがいいっ!
(シャギー入りのショートカットもぐ~b)

ただ、ヒロインは春香だからねぇ。切なさ全開キャラになるのが予想されます;;


次の巻は、クリスマスかな?


では、また次巻の感想で。


★☆カムカムおすすめセリフ☆★
  
  文化祭の準備でお疲れの裕人
 「なんか裕人、雑木林の奥にある腐葉土(カブトムシの幼虫付き)みたいな顔色だね…」
 ⇒ヤバイでしょっ。






☆人気ブログランキング☆  応援よろしくです~(^o^)/

乃木坂春香の秘密

乃木坂春香の秘密【3巻感想】

乃木坂春香の秘密です。



1回目の購読です。


さて、3巻~で~す。

新学期スタート。

この巻のメインイベントは、春香の誕生日パーティatハッピースプリング島(そのために春香父が買った)。

張り切っていきましょ~。



とりあえず、続きのキャラ紹介。


綾瀬ルコ、裕人の姉。
家事能力ゼロの社長秘書(23歳独身)。
日本刀集めが趣味で、裕人に無理難題を押し付ける。

上代由香里、ルコの親友で裕人のクラスの副担任。
ルコと同じく家事能力ゼロの音楽教師(23歳独身彼氏募集中)
裕人へのセクハラ発言が日常。


その他はまた今度。



ではでは、早速。

裕人のクラスの副担任である音楽教師(23歳独身彼氏募集中)のホームルーム。

夏休み明けのホームルーム。
「は~い、みんな夏の間は元気にしてたかな~?ちょっと気になるあの娘とそのお付のメイドちゃん、さらにはみんなの憧れセクシーな美人なおねいさんを自分のお家に泊めて夏にもかかわらず鍋パーティーをした挙句、普段は飲み慣れないお酒を飲んで倒れちゃったセクシーな美人おねいさんをゴミのように放置して、自分だけちょっと気になるあの娘とよろしくやっちゃったりなんかしてないわよね~?」
「ま、いないとは思うけど。だけどもしいた場合、そんな悪い子には今度また音楽準備室の掃除をやってもらうからね~。逃げちゃダメよ♪」
「はい、そんなわけで私信はオシマイ。それじゃまずは出席を取るわね。呼ばれたら発情期のシマウマみたいに元気な声でちゃんと返事をするように~。―相原くん」
「はい」
「ん~、ちょっと元気が足りないかな。夏休み中に隣のクラスのカノジョと別れたりでもしたのかしら~?」
「うっ…」
「はい次、秋山くん」
「おすっ!」
「お、こっちはまたバナナを得たマウンテンゴリラのように元気ね~。でも海でのナンパは元気が良すぎてカラ回りしちゃったのかな~?」


こんなフレンドリーな副担任いたらおもろいなぁ~。
この由香里のキャラはこの作品では結構重要~。(おもろい)



さて、次は、
春香の妹、美夏とのお買い物~。

「…遅かったな」
「確か待ち合わせ時間は十時じゃなかったか…?」
「あ~、や、うん」
「それはそうなんだけどね~。でも色々やってたら電車に乗り遅れちゃって…。あ、だけど待ってる間のどきどき感ってちょっと刺激的じゃなかった?」
「だいたい自分で誘っといて遅れるってのが…」
「う…」
「だ、だってしょうがないじゃ~ん。これにはちゃんと事情があるんだよ」
「事情?」
「そだよ~、聞いて聞いて。あのね、せっかくのお出かけだから着ていく服をいっしょ~けんめい選んでたの。で、たっぷり時間をかけて選んだ服をばっちり着こなして玄関まで行ったんだけど、そこでこの前買ったばっかりのミュールに服が合ってないことに気付いてさ~、それで急いで部屋まで戻って着替えてたらいつの間にか時間が経っちゃってたんだもん。不可抗力だよ~」
「…」
「どからほら、ここは笑って許してくれなきゃ。おかげで可愛く着こなせたことだし。男の子なら地中海みたいに広い心を持たないとだめだよ。ね、ね?」
「ね、おに~さん☆」
「…はあ」
「…分かった。反省してるならもういい」
「え、ほんとっ?」
「ああ。今後気を付けるならそれで構わん」
「えへへ、だからおに~さんって好き」
美夏が甘えた子猫のごとく俺の腕にぎゅっと抱きついてきた。
「お、おい」
「ごろごろ~」
「えへへ~、今日はでーとだね、おに~さん♪」


元気印のちんまいツインテール娘。
こんな妹がいたらい~よなぁ。

この歳になったら、親子に見られるかも~。



は~い、今回は春香との甘~いやりとりを紹介しませんでしたが、
それはニヤニヤしながら読んじゃってくださいな。

まあでも、またまた距離が縮まったのは確か。


でも~、
最後にあっと驚くイベントが!!

それは、次の巻に続くので、次の感想で。



では、また次巻の感想で。


★☆カムカムおすすめセリフ☆★
  
  朝倉信長(裕人の親友アキバ系)の着信音
 『着信です、ご主人様☆ 着信です、ご主人様☆』
『着信です、ご主人様☆ 着信です、ご主人様☆』

 ⇒さすがにこの着メロはキツイなぁ。
  こ~いう着メロいれてる奴いますかぁ~?






☆人気ブログランキング☆  応援よろしくです~(^o^)/

乃木坂春香の秘密

乃木坂春香の秘密【2巻感想】

乃木坂春香の秘密です。



1回目の購読です。


さて、2巻です。

季節は夏。

この巻の始まりから終わりまでで、ちょうど夏休みって具合になってます♪



とりあえず、続きのキャラ紹介。


乃木坂美夏、春香の妹。
ツインテールがトレードマークの元気いっぱいな美少女。
春香とは性格が正反対の元気印娘。

桜坂葉月、乃木坂家のメイド長。
基本的に無口で無表情だが、ぬいぐるみ集めが趣味。
超スペックを有する超メイド。

七城那波、乃木坂家のメイド序列3位。
かなりフレンドリーなメイドさん。
相変わらず、乃木坂家のメイドはスペック高し。


その他はまた今度。



ではでは、早速。

この本では、結構独特の言い回し?があって、おもしろさの一つになってます。

それをちょっち紹介。


夏休み。
外ではセミがじーじーじーじーと狂ったように鳴きまくっていて、蝉時雨というかもうほとんど蝉豪雨といった風情であり、はっきりいってやかましいことこの上ないのでいっそのことそこら中の木々にホースでもって水でもぶっかけて回ってやろうかという思いにとらわれるような暑い夏の日だった。

夏休み最初のイベント、春香のピアノコンクールの控え室。
「す、すみません裕人さん。そこにある楽譜を取っていただけませんか?」
「ん、これ?」
「あ、はい。それです」
「お手数かけますです…」
春香は楽譜を手に取り、譜面台に立てかけようとして―
「あ、あああっ!!」
友達から二千円で売ってもらったハムスターが実はクマネズミであったことに気付いた時みたいな悲鳴をあげた。


なかなかに書き方がいいでしょ。
ちょっとハルヒのキョンと似てないこともないですがね。



さて、次は、
アキバ系の大イベント、”夏こみ”でのピンク色出来事。

「あー、春香」
「―ん」
少しためらいつつも、俺は右手を春香に向かって差し出した。
「えと…お手?」
「違う!」
「?」
「そうじゃなくて…えーと、手を、何というか…」
「?お代わり?」
「…わん?」
「違うっての。だから、あー、ばらばらに歩いてると迷子になるかもしれないから、その対策のためにだな…」
「…あ」
「いや、べ、別にこれには深い意味はないぞ、そ、その、純粋にはぐれないようにするためだからな」
「………え、あ、は、はい」
「よ、よろしくお願いします…」
「ゆ、裕人さんの手って、大きいんですね」
えへっと笑ってそんなことを言う。
か、かわいい…


ピンク色だぁああっ!
甘いよ、甘すぎるよっ!(●U●)プキュー



夏休みというイベント満載な期間を順調に消化し、
二人の距離はまた大接近!

まあ、ベタベタなストーリーですが、
なかなか味のある細かな設定とかキャラもいいし、終始ニヤニヤして読んでられます。
(電車の中では、ニヤニヤを我慢するのがキツイ)

次の巻は一応、夏休み後のお話。

距離が縮まった二人の学園生活はどんな風に変化するのか~。



では、また次巻の感想で。


★☆カムカムおすすめセリフ☆★
  
  お泊り鍋パーティのあとの朝
 「あ、裕人さん、おはようございます」
「は、春香…?」
エプロン姿の春香が、おタマを片手に笑顔で立っていた。
「今、ちょうど朝ご飯を作っていたところなんです。もうすぐできますから、待っていてくださいね」

 ⇒新妻のようなセリフ。
  ああ、美少女にこんなこと言われてみてぇ。(⇒バカ)






☆人気ブログランキング☆  応援よろしくです~(^o^)/

乃木坂春香の秘密

乃木坂春香の秘密【1巻感想】

乃木坂春香の秘密です。



1回目の購読です。


ほわほわなお嬢様が出てくるピンク色っぽいストーリーなお話。

読んでいてニヤニヤと頬が思わず緩んでしまいます~。



とりあえず、キャラ紹介。


綾瀬裕人、主人公。
ごくごく普通の一般学生。
とあるきっかけで、ほわほわお嬢様と知り合いに。

乃木坂春香、ヒロイン。
『白銀の星屑』の二つ名を持つ、完全無欠なお嬢様。
しかし、ある秘密が・・・

その他はまた今度。



ではでは、早速。

まあ、春香との初の邂逅はあまり触れないでおきます~。
何やかんやで、ニヤニヤしながら読んでくださいな。


さて、春香の秘密を共有し、一緒にお出かけの時のやりとり。

裕人から見た春香の私服。
「…うーむ」
春香の私服姿をお日様の下で見るのは初めてだが…何ていうか、かなりかわいい。さらさらのロングヘアーを白いカチューシャでまとめたお嬢様スタイルに白いワンピースとクリーム色のカーディガンというお嬢様なコーディネイトがまたこれ以上ないくらいばっちりハマっていて、ただでさえお嬢様なのが二.五倍増し(当社比)で超お嬢様になっている感じでさらにその全身に纏われた上流階級なオーラがまた…あー自分でもだんだん何言ってんだかさっぱり分かんなくなってきたが、一言で言ってしまえばその姿はとにかく殺人的世紀末的致死量的にめちゃくちゃかわいいのである。


こんなかわいいお嬢様とデートとは…
うらやましいとかいうレベルを超越しとりますがなっ!



さて、次は、
そのお買い物がちょっと失敗で終わったあとのやりとり。

ショックで泣いていた春香と公園で。
「そろそろ帰るか」
「…はい。そうですね」
「でも…まだちょっとだけ残念です、『ぽーたぶる・といず・あどばんす』」
「まあ、また今度の休みにでも探してみるか。もしかしたらどっかで売れ残りとかがあるかもしれないしな」
「い、いいんですか?」
「ああ。言ったろ?俺も今日は楽しかったって。だから春香とまた出かけられるんなら、望むところだ」
「う、嬉しいです!」
「春香、前!」
「え?」
遅かった。
ガンッと鈍い音。
「…痛いです」
「…裕人さん、人の不幸を笑うのはヒドイと思います」
「え、笑ってないぞ」
「わ、笑ってますよ!思いっきり笑ってます」
「あー、分かった分かった、俺が悪かった」
「…誠意が感じられません」
「いや誠意って言われても」


なんだこのピンク色のやりとりは。
こんなカップルを目撃したら・・・おっと、取り乱すとこでした。

まあ、春香かあいいんだけどねぇ。


最後は、裕人の周りにいる男グループ。

夏休みを控えた教室での三バカに一アホ+裕人のやりとり。
「やっぱり夏は海だろ。飛び散る水飛沫、降り注ぐ太陽、焼けた砂浜、白熱するスイカ割り。これこそ日本の侘び寂びってやつだ!…男しかいないけどな」
「そうですね。深緑に包まれた山の中で涼気を堪能するのも乙なものです。日本の夏とはそういうものです。…人食いグマに襲われるかもしれませんが」
「ああ、そうだな。近所の公園で一晩中飲んで騒いで脱いで歌って語り明かす。これが夏の醍醐味だ。…たぶん警察に捕まるだろうがな」
「夏といえばさー、何といっても有明だよねー」
「おい裕人、お前はどう思う?やっぱ男は海水浴だよな?」
「いいえ、海なんて有害な紫外線の照射場みたいなものです。やはりここはマイナスイオンが豊富に満ち満ちた癒しと安らぎの場である山でのキャンプを選ぶのが賢人の選択かと」
「公園で宴会が一番だろ?金もかかんねーし」
「やっぱ同人誌だよねー?」


むさい。
あと、アホだし。

まあ、おもろいやりとりではあるが。


ストーリー的には結構一巻でも進んだような感じがするなぁ。

春香と知り合いになり~、家に招待され~、お買い物も行き~。

最後には春香の過去なんかも暴露?されて。


あま~いストーリーがこのまま続いていく感じです~。

次の巻もニヤニヤしながら読むことでしょ。



では、また次巻の感想で。


★☆カムカムおすすめセリフ☆★
  
  春香の妹の初邂逅(裕人はまだ知らない)
 「どうかしたんですか、おに~さん」
「さっきからうーうー唸ってるけどお腹でも痛い?霊柩車呼ぶ?」
「いや火葬場へ送ってどうする…」
「あ、こういう場合は救急車か」

 ⇒春香とは正反対の性格の元気少女。
  春香もかあいいけど、美夏(妹の名前)もいいす、おもろいし。






☆人気ブログランキング☆  応援よろしくです~(^o^)/

乃木坂春香の秘密

乃木坂春香の秘密

乃木坂春香の秘密です。

五十嵐雄策さん著、イラストはしゃあさんです。

この作品は、同人誌やフィギュア、秋葉原等のいわゆる”アキバ系”要素がふんだんに取り入れられてます。

簡単な設定は、完璧超人お嬢様の秘密(アキバ系)をふいに知ってしまった主人公(メガネ凡人)が、お嬢様と仲良くなっていくというものです。(まあ、ドタバタと周りがいろいろありますが)

で、
メインヒロインの春香ちゃんです。
今どきめずらしい完璧お嬢様(天然入り)、
いいですヨ。大変結構です。
また、しゃあさんのイラストもかわいいですね~。

この作品は、ほんっとに微笑ましい限りです。
読んでる最中は、頬にしまりがありません。。

そんな気分になりたい方は、是非。

内容の感想はまた今度。

☆人気ブログランキング☆  応援よろしくです~(^o^)/




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。