不動産担保ローン 公式サイト アスラクライン:ライトノベルと感想つぶやき

ライトノベルと感想つぶやき > アスラクライン

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アスラクライン

アスラクライン

アスラクライン
です。

三雲岳斗さん著、イラストは和狸ナオさんです。


この著者さんの作品は、はじめて。


アニメ化前から、本自体は買ってたんですが、
アニメを見るためにも、シリーズを読んでみようと。

読んでみると、最初は伏線をいろいろ張りすぎな感じがありますが、
巻が進むにつれ、その伏線を回収&新たな伏線ってな感じで、続きが気になるよーに出来てる作品。

また、世界観もきっちり作られてて、
これは面白い。

どういう終わり方するのかまだまだわかりませんが、
楽しみに読んでいこうと思います。


========全巻読んだ感想=========

13巻で終了でしたが、、
結構ゆっくりと伏線を張りつつ回収してたのは9巻まで。

10巻からは怒涛の展開で、面白いのなんの。

最終的に、カムカムお気に入りの”嵩月奏”が智春とくっついたのが、
特に満足♪

その後の日常を描いた短編が出るらしいのも、今からすっごい楽しみ。
ラブラブ~を期待しておりやす。




内容の感想は、また今度。




☆人気ブログランキング☆  応援よろしくです~(^o^)/

ランキング








スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。