不動産担保ローン 公式サイト 操り世界のエトランジェ:ライトノベルと感想つぶやき

ライトノベルと感想つぶやき > 操り世界のエトランジェ

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

操り世界のエトランジェ

操り世界のエトランジェ【2巻感想】

操り世界のエトランジェです。



1回目の購読です。


さてさて、2巻です~。


1巻に引き続き、コメディタッチの部分とミステリみたいなシリアスが合わさった作品です。
そうですねぇ、強いて言うならミステリ文庫っぽい感じに続いている模様ですな。



さて、最初は冥。

透真が拉致られて、帰ってきて早々。
「透真様!」
「冥――」
笑顔で飛びかかってきた黒いメイドを抱き留めようと、俺は腕を広げた。しかし、彼女のスピードはまるで暴れ牛の突撃―彼女をを正面から受け止める形となり、そのまま廊下を転げ回った。

俺に抱きついたままピクリとも動かなくなった冥を心配し、その肩に手を乗せる。すると彼女はやにわに顔を―くしゃくしゃの泣き顔を上げ、俺の首に腕を回し、きつく抱きしめてきた。
「心配したんですよ!ずっと心配してたんですからぁ!」
「冥・・・」


いやいや、透真は果報者じゃわい。
こーんな可愛い専属メイドがいるんですよ?





ストーリーの方は、
すごいですねぇ、前にも書きましたがデビュー作とは思えません。

そこかしこに伏線が張り巡らされていて、読み手を飽きさせないっすわ。

まぁ、ドタバタコメディ好きのカムカムですら、結構引き込まれるんですからね。


ネタばれなしということで、ストーリーについては詳しく書きません~。

いや~、ストーリーに関係ないとこって言えば、
”冥”しかない。

前巻でいろいろと変わった冥。

この巻では微妙に透真との絡みが少ないように思いますが、
黒いメイド”冥”ちゃんは、とっても可愛い~♪

イラストも文句なし。
次巻では是非ともカバーイラストに登場させて欲しい~



では、また次巻の感想で。


★☆カムカムおすすめセリフ☆★
  
  カタナが服をいきなり脱ぐ時のやりとり。
 「ちょっと!何いきなり脱いでるんですか!ほら、これ着て!」
「・・・胸元がきついな」
「なんですか!私の胸が貧相だと言いたいんですか!幼児体型で悪かったですね!」

 ⇒この作品での、冥とカタナのやりとりは唯一のほのぼの。







☆人気ブログランキング☆  応援よろしくです~(^o^)/

ランキング


スポンサーサイト

操り世界のエトランジェ

操り世界のエトランジェ【1巻感想】

操り世界のエトランジェです。



1回目の購読です。


さてさて、感想に行く前に、
主人公とヒロインをまず紹介。


睦月透真、主人公。
”糸遣い”。
糸を見ることができ、生き物を人形のように操つることが出来る。

闇宮冥。
透真専属のメイド。
黒ずくめのメイド服がトレードマーク。
甘いもの好き。

カタナ。
体内に108本ものカタナが収められている女の子。
神の手による14番目の作品。

その他はまた今度。


で、この作品ですが、
デビュー作とは思えないほどいろいろ手の込んだストーリーになっています。
最後にはどんでん返しだし。
あっと言う間に読み終えてしまうストーリーは秀逸。



まずは、カタナとのやりとりから。

カタナの服を修繕したあとの透真とのやりとり。
「お前が怒るのも無理ない―俺も悪かった。この通り、謝るからさ」
「つくづくおかしな男だ―お前みたいな異能、初めて見たぞ」
「俺も、お前みたいな可愛い”化け物”、初めて見た」
「な―」
「ふざけるなと言っただろう!何なんだ貴様は!」
「可愛いから可愛いと言ったんだ」
俺が可愛いと言うたびに「ぐあ!」とか「うあ!」とか呻きながら仰け反るカタナ。
「お前、たいがいに!」
「やめろよ、可愛い顔が台無しだ」
「うぐあ!」


ミステリアスなストーリーの中でも、
結構ラブコメちっくなやりとりも多数存在。
カタナはツンデレに属するようですな。


で、次は冥。

透真と冥とカタナのやりとり。
「私にはコンプレックスなんてありません!」
「料理も掃除も家事も出来ないくせに」
「うぐっ、どうしてそれを…気づいていたのですか!」
「メイドのくせに何のためのエプロンだ」
「それは、その…愛嬌です」
「そもそもメイド服を着ていることすらおかしいぞお前。闇宮ってみんなメイド服なのか」
「いや、これは旦那様が『近頃の若者の八割、いや九割はメイド萌えだから、この服で行けば掴みはOKだ』とおっしゃって…」
「なあ透真、『萌え』とは何だ?」
「可愛い女の子に使う言葉…かな?」
「透真様ったら、そんなはっきり私のことを可愛いだなんて言わないでください。本当のことですけど」
「これで分かったでしょうカタナさん。あなたは可愛くなくて、私は可愛いのです。つまり、透真様に必要なのは私なのです」
「待て待て冥。別にカタナは可愛くないとは言ってないぞ。こいつはこいつで、とっても可愛いところがあるんだ」
「だ、誰が可愛いだ!叩っ斬るぞ貴様!」
「むう…その手の『萌え』ですか。油断出来ませんね」


切羽詰っているストーリーの上でもこのやりとり。
バランスがとれていていい感じですわ。
ちなみに、冥ちゃんはかなりお気に入りのキャラ。



ストーリーの方は、
冒頭で書きましたが、裏があったかと思うとまた裏がってな具合で、
どんどん引き込まれていく感じのもの。

次巻もこの調子で書いてくれるといいんですが。


では、また次巻の感想で。


★☆カムカムおすすめセリフ☆★
  
  冥が透真の家に初めて来たときのセリフ。
 「私は冥と申します。あなた様の専属のメイドでございます」
 ⇒専属のメイドって。
  しかも同い年。ある意味新パターン。






☆人気ブログランキング☆  応援よろしくです~(^o^)/

操り世界のエトランジェ

操り世界のエトランジェ

操り世界のエトランジェです。

赤月黎さん著、イラストは甘福あまねさんです。


第11回スニーカー大賞奨励賞受賞作品。

著者は本作でデビューとのこと。

いろ~んな要素が織り交ざった作品になっています。
ラブコメ、ミステリ、ファンタジー。
また、いい感じに混ざっていて読みやすい感じです。

絵柄もキレイで好きですね。


内容の感想は、また今度。




☆人気ブログランキング☆  応援よろしくです~(^o^)/




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。