不動産担保ローン 公式サイト えむえむっ!:ライトノベルと感想つぶやき

ライトノベルと感想つぶやき > えむえむっ!

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

えむえむっ!

えむえむっ!【6巻感想】

えむえむっ!です。



一回目の購読です。


さて、新たな登場人物から~


砂戸七葉。

太郎の従姉妹。
美少女中学生。だがその本性は。。



早速いきましょ~。




さてー、このシリーズも6巻目。


相変わらずの砂戸家。

サミット開催。
「今日はね、太郎ちゃんサミットの開催日なの」
「ええ、そうなんです」
「・・・当たり前のように太郎ちゃんサミットとかいう謎の言葉を使わないでくれ」
「太郎ちゃんサミットはね、太郎ちゃんに関するいろいろな問題を二人で話し合う場なんだよー」
「そうなんです。で、今回は記念すべき第十回ということで、太郎さんの部屋を会場にすることに決めたんです」
「そんなことを許可した覚えはねえ・・・」


くりすますぱーてぃ。in 砂戸家
「わたし、毎年この時期になるとすっごく不安になるんだよー」
「ええ、その気持ちは私にもわかります」
「もし、太郎ちゃんが『今年のイブは家にはいないから。なぜかって?そんな野暮なことは訊かないでくれよセニョリータ』とか言い出したら・・・」
どうでもいいけどセニョリータってなんだよ。


「た、た、太郎ちゃん・・・」
「そ、そのマフラー・・・どうしたんですか・・・?」
「え―!?」
「こ、これは、えっと、その・・・」

「ふおおおお!お姉ちゃんDNA鑑定――っ!」
姉貴が叫びながらマフラーを注視した。二つの瞳をビカーッと輝かせながら。
「マフラーに付着しているわずかな細胞、これは・・・結野嵐子ちゃんのDNA・・・」
「な、なんで見ただけでDNA鑑定できるんだよっ!?メチャクチャすぎるだろ!」

「ひゅおおお!お母さんサイコメトリーッ!」
「視えます・・・結野さんが徹夜でこのマフラーを編んでいる姿が、はっきりと・・・」
「おまえらのその謎の能力はいったいなんなんだ!?頼むからこれ以上人間離れしないでください!」


この作品のボケの大半を量産しております。



はい、次。

太郎 VS 日村(ドM VS ロリ)
「ロ、ロリ!ロリロロロロロリ、ロロリロリロロリリロリ!ロリロリロリ、ロリイイイイイイイイ!ロオオオリイイイイテラニシイイイイイ――ッッ!」
「も、もう言語中枢までおかしくなってしまってるです。言葉で説得することすら不可能です」
「そ、そのようですね・・・」
「日村の変態性に対抗できるのは、砂戸くんの変態性だけです!」

「エ、エム!エムエムエムエムエムエム!エエエエム、エムム、エムエムエムウウウウウウウ!ドドデムウウウウ――ッッ!」

「ロリイ・・・」
「エムー」

「ロリイイイイイイイ!」
「エムウウウウウウウウ!」

「ロリイイイイイイイ!」
「エムウウウウウウウウ!」

「ロリ・・・ロリロリロリロリロリロリロリロリロリロリロリロリロリロリロリロリロリロリロリロリロリロリロリロリロリロリロリロリロリロリロリロリロリロリロリロリロリロリロリ――!」
「エムエムエムエムエムエムエムエムエムエムエムエムエムエムエムエムエムエムエムエムエムエムエムエムエムエムエムエムエムエムエムエムエムエムエムエム――!」


しゃべりだけ抜き出しても、何が起こってるのかわかんねぇ。


最後はツンデレ美緒。

恋人のフリ。
「偵察に行くのよ。あんまり大人数で行ってもしょうがないから、あんたとあたしで行くの。おら、さっさと来なさい」
と、急に石動先輩が――
俺の左腕に自分の腕を絡ませてきた。
「ひょえぃ!?」
「な、なによ、いまの声は!」
「だ、だって腕を・・・えっ、もしかして俺の腕を折ろうとしていたんですか?」
「なんでそうなるのよ」
「あたしたちはライバル店に偵察に行くスパイ・・・だから、絶対に正体がバレるわけにはいかないよの」
「は、はあ・・・」
「だ、だから、あっちの店に万が一にも気付かれないように・・・あたしとあんたは恋人のフリをするの」「ええっ!?こ、恋人のフリ!?」


呼び込み。
「へい、らっしゃい!うちの喫茶店はいまタイムサービス中で、コーヒーなどのドリンクがなんと二円!」
「二円!?」


まさにツンデレ。
あと、二円の内訳を知りたい。



で、
ストーリーですが、季節が進む感じはあるのですが、
人間関係とかに大きな変化は見られず。

このノリは大好きなんですが、もうそろそろ関係変化のお話も入れてほしいなぁ。


まあ、次巻も楽しみってことで。



★☆カムカムおすすめセリフ☆★
  
  カップル限定イベントの裏側(美緒の想像)
 「もし、ここでこのイベントを断ったら、あたしたちがスパイだってことが店側にバレるかもしれない。そうなったら、あたしたちは別室に連れて行かれて・・・そこで全裸にされて、鎖で天井から釣り下ろされて、体中に冷たいアイスクリームを塗りたくられるという拷問をされてしまうかも・・・」
「・・・なんか斬新でスイーツな感じの拷問ですね」

 ⇒ある意味いやな拷問。
 






☆人気ブログランキング☆  応援よろしくです~(^o^)/


ランキング


スポンサーサイト

えむえむっ!

えむえむっ!【5巻感想】

えむえむっ!です。



一回目の購読です。


さて、新たな登場人物から~


柊ノア。

IQ200を誇る天才少女。
ちなみに、体型は幼児体型。




早速いきましょ~。




さてー、このシリーズも5巻目。


相変わらずの砂戸家。

太郎と姉と母。
「―お兄ちゃんっ!」
「・・・あ?」
「お兄ちゃん、大好きだよぉ!静香はね、太郎お兄ちゃんのことが世界で一番大好きなのっ!だから、お兄ちゃんの肉欲が命ずるままにわたしの体をメチャクチャにして!」
「おい。なんで、姉貴が俺のことを『お兄ちゃん』なんて呼ぶんだよ。姉貴は、俺の姉貴で、妹じゃないだろうが」
・・・ああ、どうしてこんな当たり前のことをわざわざ口に出して言わなければならないのか。あまりにアホらしくて泣きたくなる。
「それはね・・・」
「いまの時代―姉萌えよりも妹萌えのほうが優勢だからだよっ!」
「あんたなに言ってんの?」
「それを悟ったとき、わたしは気づいたの!太郎ちゃんがわたしの愛を受け入れてくれないのは、わたしがお姉ちゃんだからじゃないかって!もしわたしが妹だったら、きっと太郎ちゃんはわたしにラブラブフォーリンラブだったはずだよっ!」
「姉でも妹でも身内には変わりねえんだから一緒だろうがっ!そーゆーわけで絶対ラブラブフォーリンラブにはなりませんからっ!残念っ!」

「話は聞きましたよ・・・」
「太郎さんは妹萌えだったんですね」
「違う!」


どんな家族やねん。



はい、次。

ドM的な快楽の限界突破。
「ハアァイアイイイァイアヤヤア―――ッッ!」
悦楽が精神の国境線を越えたとき。
俺の全身から、圧倒的な力が噴出した。
「な・・・?」

「石動先輩・・・ありがとうございます」
「ほえ?」
「先輩の加虐のおかげで、俺は限界を超えることができました」
「な、なにを言ってるのかまったく意味がわからないんだけど・・・とゆーか、あんたなんで急に金髪になったの?しかも、なんか全身からオーラ的なものが出てるけど・・・」
「それは―俺が伝説のスーパード変態になったからです」


いいの?これ。


で、
ストーリーですが、なんか短編的な感じになってます。

番外編的な話もあったし、ちょっと休憩モードってな感じかな。

まあでも、相変わらずの主人公と周りの面々。
おもろすぎっ!

まあ、次巻も楽しみってことで。



★☆カムカムおすすめセリフ☆★
  
  美緒シスター
 「―懺悔しなさい」
「え・・・ざ、懺悔?」
「はい。あなたのキモさを懺悔しなさい」
「キ、キモさを?」
「そうです」
「あなたはキモい。スーパーキモい。ですが、懺悔すれば神はあなたのキモさを赦すことでしょう。あなたの魂に安らぎのあらんことを。ラーメン」

 ⇒ラーメン・・・
 






☆人気ブログランキング☆  応援よろしくです~(^o^)/


ランキング


えむえむっ!

えむえむっ!【4巻感想】

えむえむっ!です。



一回目の購読です。


さて、新たな登場人物はいないので。

早速いきましょ~。




さてー、このシリーズも4巻目。

相変わらず、主人公は変態ですよぉ。

相変わらずの嵐子の男性恐怖症で、殴られた直後。
「ぐふ・・・ぐふふふふ・・・」
「タロー?」
「ヒョオオオオオオオオオオオオーーーーーーッッッ!」
「ハイヨオッ!ハイハイヨオオッ!ベベロンロオオオオオーーッッ!」
「ヘイYO!オレのドMは宇宙一キモいんだYO!変態業界最前線なんだYO!つーわけでオレはYOUにもっと痛めつけて欲しいんだメーン!だからもっとオレの体にその拳を叩き込んで叩き込んではあはあはあはあはあ――」
「テメェなにラップ調でよがってやがんだキモすぎんだよこのブタラッパーがあああ!」
「ごばるぐっっ!?」


治る気配はなし。



はい、次。

催眠術でドMを押さえ込んだら、、
「な、なんで全裸になるのよ?」
「むしろ逆に訊きますけど、どうして服を着なければならないんですか?」
「ふむ、異常性欲の次は露出癖というわけか」
「も、もう一度よ!今度こそ絶対に――」

再び催眠術。
「ベランダに干してある女性の下着は盗んでもいいという法律ができればいいのに」
「今度は下着収集癖か」

再び催眠術。
「女性は三歳から十歳ぐらいのあいだが一番かわいらしいですよね」
今度はロリータコンプレックスか」

再び催眠術。
「満員電車に乗って幼女のお尻を触りたいです」
「今度は痴漢魔か。微妙にロリータコンプレックスも混ざっているようだが」


結局、男色家に落ち着くんですが。。


で、
ストーリーですが、学園祭での出し物の演劇までにドMを治さないと大変なことになるってことで、
催眠術やらなんやらをやっていくのが大半。

まあ、結局劇の最中にドMに戻ってしまうんですがね。。

後半は、美緒とのやりとりがメイン。

今回は嵐子が全然出てきてないっすねー。
各巻ごとにヒロインが交代なのかな?

まあ、相変わらずの変態的ノリでおもしろいっすわ♪



★☆カムカムおすすめセリフ☆★
  
  太郎の部屋の目覚まし(特殊)
 『朝~、朝だよ~、お姉ちゃんのパンツを食べて学校に行くよ~』
頭を動かし、枕元にある見慣れない目覚まし時計に視線を向ける。
『朝~、朝だよ~、お姉ちゃんのパンツを食べて学校に行くよ~』
『朝~、朝だよ~、お姉ちゃんのパンツを食べて―』
「パンツなんか食べるかああああああああああああああっ!」

 ⇒著者さんはk●yが好きなんでしょうか。
  元ネタが分かる奴はどんくらいいるのか・・・。
 






☆人気ブログランキング☆  応援よろしくです~(^o^)/


ランキング


えむえむっ!

えむえむっ!【3巻感想】

えむえむっ!です。



一回目の購読です。


さて、新たな登場人物を紹介。


間宮由美。
嵐子の親友で、辰吉の元彼女。
突然、嵐子の元にやってきた。
間宮流マッサージ術の使い手。


その他は、また今度。


さてー、このシリーズも3巻目。

相変わらず、主人公は変態ですよぉ。

美緒のわけのわからん、ドM体質改善処置の後。
「じゃあ…あんたのドMが治ってるか試してみましょう」
「え?試すって…」
「せえーの――うりゃああああっ!」
「ほぎゃあああああああああああ――っ!?」
ブーメランのように旋回しながら吹っ飛ぶ俺の体。机や椅子をメチャクチャになぎ倒しながら床に激突する。手足を不自然に折り曲げた変な体勢で倒れる俺の目の前には――
優しい光に満ちた変態ワールドが広がっていた。
「はあ、はあ、はあ―はあはあはアハハハ、あはああああああああんっ!」
「あはんっ!あはあああああああんっ!ヘイベイベー!こりゃあ気持ちいいぜオウイエスッ!美緒様のキックは極上の味なのダダダッ!はあ、はあ、はあ、も、もも、もうタロウマグナムは我慢できないでちゅうううう―――っっっ!だ、だだだ、だからのこの悲劇的な変態生物に美緒様の神的な蹴りをもっともっともっと――」
「毎度毎度ほんっとキモいなこのブタ野郎はあああああ――っっ!」
「えいどりああああアアアアああああん――っ!」


変態にさらなる磨きがかかっています。



はい、次。

嵐子の男性恐怖症を治すカリキュラムのひとつで、太郎が女装。
「な、なんでこったい…」
女装した姿を見られることにドMな快感を覚える―そんなのがクセになってしまったら、俺はドMなだけではなく女装癖という属性まで獲得してしまうことに…ドMで女装趣味…そ、そんなふうに変態性をバージョンアップさせていったら、いずれ俺はすべての変態要素を内包する究極の変態神となってしまうのでは…やがて俺は地球上にいるすべての変態人間を支配する存在へと…変態新世界の神となった俺は変態たちを率いて真人間に宣戦布告…すべての真人間を掃討し、変態による変態のための楽園を創るんだ…はあ、はあ、はあ、はあ…
「い、生き残った真人間は…地下の強制変態収容所で変態人間に洗脳…」


太郎、壊れすぎ。。


で、
ストーリーですが、メインは嵐子で進んでいきます。

嵐子の親友が女子高への転校を薦め、
なんだかんだで第二ボランティア部と勝負に。

また、太郎と嵐子の距離が縮まったかな?

最後にはお約束が待っております。


次巻はこの展開からどうもっていくか楽しみです~。



★☆カムカムおすすめセリフ☆★
  
  嵐子が太郎を踏んづけたときのセリフ。
 「ふぇーんっ!男の子ふんじゃったっ!男の子ふんじゃったよぉおおっ!ふえええええええええんっっ!」
 ⇒こんな対応するのは、嵐子ただ一人。
 






☆人気ブログランキング☆  応援よろしくです~(^o^)/

えむえむっ!

えむえむっ!【2巻感想】

えむえむっ!です。



一回目の購読です。


相変わらずのぶっ飛び加減。

いきなりコレ。

普通の朝の風景??太郎がシャワーに入っているとき・・・
「ふふふ・・・太郎ちゃん、わたしの策略に見事にひっかかっちゃったね・・・」
「な、な、ななななんでここにいるんだ姉貴!しかもそんな格好で!」
「それはもちろん、太郎ちゃんといっしょにお風呂に入るためだよっ!」
「なにをアホなこと言ってやがるっ!さっさと出ていきやがれ!」
「やだっ!太郎ちゃんといっしょにお風呂するんだもんっ!そのためにわざわざ目覚まし時計に細工したんだもんっ!」
「あれは姉貴の仕業だったのかっ!?」
「そうだよ!目覚ましの時間を一時間早くして太郎ちゃんに早起きしてもらったの!ひょんなことから早起きした太郎ちゃんは九十パーセント以上の確率でシャワーを浴びる-これはわたしが作成した太郎ちゃんノートVol.5にもちゃんと記されてるんだよっ!」
「なんだよその謎のノートは!?しかもVol.5ってけっこういってんなっ!」
「というわけで-いっしょにお風呂ぉ!」


最初から全開の家族ですわ。


しかも、期待通り主人公は変態。

「ハ、ハハハリセンで殴られるなんて、そんなの生まれてはじめてだよぉ!はあ、はあ、はあ、す、すっごい珍味っ!そんな珍味的な気持ちよさに拙者はもう限界を突破でござるるるるっ!だ、だだだから、はあはあはあははあ、も、もっと小生にその快楽を与えてくださ-」

うぉぉお、またさらにイっちゃてます。

一応ストーリー的には、一巻で嵐子だったので、
二巻では石動美緒かなと思っていたんですが、まさにその通り。

関係は相変わらずですが、若干変わったような。

次巻は3角関係になるのかなぁ?
それとも、新キャラ登場?


楽しみっす。


ちなみに、嵐子は今回太郎の家に招待されます。

夕食時のひととき。
姉貴が取り分けた料理を、結野ははむっと口に入れる。ぱっと顔が輝き、
「うわぁ・・・ほんとにおいしいなぁ・・・」


”はむっ”っていう食べ方。
かあいい~っ!かわゆい~っ!


では、またまた次巻。




★☆カムカムおすすめセリフ☆★
  
  結野と太郎が部屋で二人きりの時
 「俺と二人きりなんて・・・おまえはつらいよな。気づけなくて、悪い」
「タロー・・・」
「ありがと・・・でも、大丈夫だよ」
「え?け、けど・・・」
「ほんとはね、ちょっとだけ怖かったりもしたけど・・・でも、もう大丈夫だから」
「タローだから・・・大丈夫」

 ⇒結野~。かあいい~すぎるぅ!こんなこと言われたら・・・ボクはぁ、はあ、はあはあははあ。っと、太郎っぽくなっちゃいました。あはっ。
 






☆人気ブログランキング☆  応援よろしくです~(^o^)/

えむえむっ!

えむえむっ!【1巻感想】

えむえむっ!です。



一回目の購読です。


主人公。。変態。。

でも、それをうまいこと利用して物語を進めていってますね~。

また、登場人物が濃いキャラばっかり!


主人公”砂戸太郎”、『ドM体質、マゾヒスト』

主人公の親友”葉山辰吉”、『女装趣味、女装時に性格が急変』

自称「神様」”石動美緒”、『暴虐武人、猫が苦手』

主人公の天敵”結野嵐子”、『男性恐怖症、男に触られると殴る』


いやーぁ、そろいも揃って。

しかも、主人公の母親&姉の主人公溺愛ぶりときたら。

「やだっ!やだやだやだぁー!我慢できないよう!もう姉と弟の関係に甘んじているのは我慢できないよう!」


で、
この巻の見せ場、結野嵐子と主人公の絡み部分。

ここでの結野はかーいいですね~。

「ふ、ふおおおおおっ・・・」
結野はしゃがみ、ゆっくりとした動作でウサギを抱きかかえる。
「あったかくて、ふさふさで、やーらかいよぉ・・・」



本当の見せ場は、この後です。(主人公が唯一カッコイイ場面あり)


次巻が楽しみです~。


★☆カムカムおすすめセリフ☆★
  
  結野がキレだし、問答無用の拳を主人公の顔面に打ち込んでいるときの主人公のセリフ。
 「あはははははははっ!こ、殺せぇ!もう殺せよぉ!その快楽の刃で俺の肉体を破壊しろぉ!そのとき俺の魂は肉体のくびきを超えて超官能的世界へと--」
 ⇒主人公のセリフじゃね~。こんなセリフがドM体質が目覚めるごとに吐かれております~。
 






☆人気ブログランキング☆  応援よろしくです~(^o^)/

えむえむっ!

えむえむっ!

えむえむっ!です。

松野秋鳴さん著、イラストはQP:flapperさんです。


主人公、、変態です!!

大抵、主人公はカッコイイのが普通ですが、
この主人公は一味違います。

そうです、
生まれながらの”ドM体質”の持ち主。

身内じゃない女の子に殴られたり、罵られたりすると、
快感を感じてしまいます!(変態!)

また、著者さんはいい感じに書いておられて、
おっもしろいですヨ~。

ただ、変態なだけでなく、ちょっとカッコイイとことかもあって、
全体的にまとまっている感があります。

これは、この先が楽しみなシリーズが出てきました。


内容の感想はまた今度。


☆人気ブログランキング☆  応援よろしくです~(^o^)/




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。